拡大床で綺麗になった歯並び(2年半使用)

ひだまり歯科では、矯正治療を希望される方が多く、

その中には、小学生の子も多数来院されます。

 

 

春の歯科検診では、歯並びも検査するため、

歯並びを歯医者さんで診てもらって下さい、

という意味を込めて、歯並びにチェックが入ることもあります。

 

 

 

10年以上前では、矯正治療というと、

ガタガタな歯並びの場合、小臼歯を抜歯して

針金を付けて矯正する、という方法が一般的でした。

 

 

しかし、最近では極力抜歯せずに矯正治療する、

という方法が主流になってきました。

 

 

特に、小学校低学年の間に、矯正治療を開始すれば、

ガタガタ歯並びも、抜歯せずに、成長期に合わせて

アゴを大きくする手助けをして、歯並びも綺麗にする、

そんなことが可能になりました。

 

 

実際の治療例を以下に示したいと思います。

 

 

患者さん(女の子)が始めて当院に来られたのが6歳の時でした。

 

当時の歯の写真がコチラです。

PICT0015 - コピー

PICT0016 - コピー

PICT0014 - コピー

 

最近の子に多いのですが、アゴが小さく、

大人の歯(前歯)が少し大きいため、

歯並びがかなりガタガタになっています。

 

 

そこで、拡大床(かくだいしょう)という、

アゴを大きくする矯正装置を6歳から

使ってもらう事になりました。

 

(以下の写真は、拡大床の見本です)

b0121418_20594663

 

 

かなりアゴが小さかったため、上下2組(合計4つ)の

拡大床を使用しました。

 

そして2年半後には、かなりアゴが成長し、歯並びも改善されました。

SHOFU DENTAL DIGITAL CAMERA

SHOFU DENTAL DIGITAL CAMERA

SHOFU DENTAL DIGITAL CAMERA

 

治療前と治療後の歯の写真を比べると、

かなり改善されているのがわかります‼

 

 

ただ、拡大床を使用して、全てのお子様が

ここまで歯並びが綺麗になるかというと、

実際はそうでもないというのが正直な私の見解です。

 

 

というのも、拡大床は取り外しができる装置なのですが、

自分で取り外せるという事は、

取り外したまま、入れ忘れてしまうこともあり、

拡大床の使用時間が、結果に大きく影響します。

 

 

お子様、お孫様の歯並びが気になるとか、

拡大床ってどういう装置なのか、など

気になる方は、かかりつけの歯科医院で聞いてみてくださいね。

 

 

SNSでもご購読できます。