前歯のセラミック治療

クリスマスも終わり、年末になるにつれて、

何かと忙しくなるこの季節。

 

寒い日が続きますが、皆様、元気でお過ごしでしょうか?

 

 

私も妻も、そして愛犬モカも元気です!

 

モカはクリスマスプレゼントを気に入ってくれました♪

1514173176859

 

 

 

今日は上の前歯の差し歯をやり替えた症例を

ブログに書きたいと思います。

 

患者さんは50代の男性。

以前、家の近くの歯科医院に通っていたそうですが、

他の歯科医院で診てもらいたい、

ということで当院に来られました。

 

 

治療開始前、正面から見た歯の写真です。

SHOFU DENTAL DIGITAL CAMERA

 

上の前歯は、かなり前に差し歯治療をしたそうですが、

差し歯自体が劣化し、かなり変色していました。

 

また、歯根の先には炎症による膿がたまっていたため、

根の治療(歯の神経を取る治療)も必要でした。

 

 

今回4本の前歯を治療していくことになったのですが、

治療期間中も、見た目を少しでも良くしたいと思い、

綺麗な仮歯を入れました。

 

また、一気に4本の前歯の根の治療をすると、

仮歯が外れやすくなることがあるため、

敢えて、2本ずつ根の治療をして、少しでも仮歯が

外れないよう、工夫しながら治療を進めました。

 

 

 

根の治療をし、最終的な差し歯が入った状態です。

SHOFU DENTAL DIGITAL CAMERA

 

差し歯をやり替えただけで、かなり印象が変わりました。

 

治療前後で写真を並べてみると、

SHOFU DENTAL DIGITAL CAMERA

SHOFU DENTAL DIGITAL CAMERA

写真の撮り方にもよるかもしれませんが、

全体的に明るくなった印象です。

 

 

差し歯をやり替えることも大切ですが、

少しでも差し歯を長く使ってもらえるよう、

根の状態が悪ければ、根の治療をする必要がありますし、

差し歯の色が変わらないようにするため、

今回は保険の利かないセラミックの差し歯にしました。

(以前入っていた差し歯は保険適応の材質の為、

経年劣化し、変色してしまいます)

 

 

差し歯をきれいにし、患者さんにもとっても喜んでもらえました♪

 

 

歯科医師として歯の治療をすることで、

患者さんに喜んでもらえる、

これほど仕事にやりがいを感じる事はありません ^^)

 

 

 

これからも多くの患者さんの悩みが解決できるよう、

頑張っていこうと思いました。

 

SNSでもご購読できます。