歯根破折(しこんはせつ)について

1月2月は寒い日が続きましたが、

3月になり、一気に春らしく、

暖かくなってきましたね。

 

周りでは、梅や桜がチラホラ咲き始めてきて、

春を感じられるようになってきました。

 

 

 

寒い冬が過ぎ、春を迎えるころ、

歯が痛い、と来られる患者さんが意外と⁉多いんです。

 

 

歯の痛みの原因は様々ですが、

寒い時期、噛む力が過度になってしまい、

歯が割れてしまう事があるんです…

 

それを歯根破折(しこんはせつ)と言います。

 

 

歯根破折は状態によりますが、

ほとんどの場合、割れた歯を再建することは不可能で、

抜歯が必要になることも…

 

 

先日、歯根破折が原因で抜歯に至った方がいました。

 

抜歯した歯を写真に撮ったんですが、

綺麗に真っ二つです(-_-;)

SHOFU DENTAL DIGITAL CAMERASHOFU DENTAL DIGITAL CAMERA

 

しかもこの方、歯根破折になっていた歯が

2本もありました。

 

ちなみに歯を抜く前はこんな状態でした。

SHOFU DENTAL DIGITAL CAMERA

 

このお口を見ただけでは、歯根破折という

診断を付ける事は出来ません。

 

歯の状態を診査したり、

レントゲンやCTを撮影して、

歯の根の状態を確認する必要があります。

 

 

 

歯に痛みがあってもなくても、

歯の状態が気になるとか、違和感がある場合は、

一度、歯科医院で検査してもらう事をお勧めします。

 

 

SNSでもご購読できます。