3歳児検診 行ってきました

先日、芦屋市保健センターで

3歳児歯科検診の担当だったので行ってきました。

この日はあいにくの雨にもかかわらず、

40名ほどお越しになられました。

 

 

今回の検診で気になったことは、

「癒合歯(ゆごうし)」が多かったことです。

 

 

癒合歯とは、二本の隣り合った歯が

形成の段階で結合してしまい、

大きな一本の歯の形になっている状態です。

 

 

乳歯でも永久歯でもみられるものなのですが、

偶然にも3人のお子様が連続で癒合歯だったので、

その時はちょっとビックリしてしまいました…(^_^;)

 

 

癒合歯だからと言って、何か治療が必要というわけではないのですが、

食べカスがたまりやすく、虫歯になりやすいので、

歯医者での定期的なケアが必要です。

 

 

また、永久歯が生えてくるときに、

癒合歯の乳歯は、なかなか抜けないことが多く、

歯医者で抜歯が必要なことがあります。

 

 

 

 

お子様、お孫様の歯で、

「あれ、歯の形がおかしいかな?」とか

「ちょっとこの歯は大きい気がする」など、

気になる場合は、歯科医院で診てもらうことを

お勧めします。

 

 

SNSでもご購読できます。