プチ矯正

見えない矯正装置(マウスピース、舌側)希望が多いです!

最近、ひだまり歯科では矯正治療を希望される方が

多数、来院されます。

 

特に、目立たない矯正装置のマウスピース矯正、

PICT0003

PICT0004

 

それと、最近当院でも導入した舌側矯正、

SHOFU DENTAL DIGITAL CAMERA

 

裏側には金属の矯正器具が付いています。

 

ただ、前から見るとこんな感じです。

SHOFU DENTAL DIGITAL CAMERA

 

全くと言っていいほど見えません♪

 

 

マウスピース矯正も、舌側矯正も

こちらから言わなければ、殆どの方に気付かれずに

矯正治療を進めていく事が出来ます。

 

 

また、舌側矯正の場合、全体を治すのではなく、

気になる前歯の部分だけ矯正したい、

ただ、全体矯正となると、費用や期間がかかるし…

という方にも最適の治療です ^^)

 

 

 

ただ、マウスピース矯正も、舌側矯正も

歯並びによっては、治療が出来ない場合もあるため、

必ず歯科医院ではの状態を診てもらったうえで、

マウスピース矯正や舌側矯正が可能か、

確認してもらう事をお勧めします。

見えない器具での矯正治療

この週末はセミナーに参加しました。

 

テーマは「見えない矯正治療」です。

 

ひだまり歯科では、全体矯正をする際、

マウスピース矯正で目立たない矯正治療を

行っています。

PICT0003PICT0004

 

ただ、歯並びによってはマウスピース矯正が

出来ない場合がたまにあります。

 

また、マウスピースを入れるのが煩わしいとか、

頻繁に飲食する場合には、マウスピースが

使えない場合がありました。

 

 

そこで、そういった悩みを解決するため、

歯の裏側に矯正器具を付ける、いわゆる「リンガル矯正」を

当院に導入するため、セミナーに参加してきました。

 

 

歯の裏側に矯正器具を付けるとこんな感じになります。

petitortho_01

 

歯の裏側につけるので金属製です。

 

ただし、前から見るとこんな感じになります。

lingual

どこに器具があるのか、前からは全く見えません。

 

 

矯正治療をする歯科医院はあるものの、

歯の裏側に矯正器具を付けて治療する医院となると

その数は圧倒的に少なくなります。

 

 

ただ、少しでも患者様の歯並びを良くしたい、

歯のコンプレックスを解消したい、

そういった要望に、当院が少しでもお応えできるよう、

近々導入する予定です。

 

前歯のすきっ歯を治したい

9月になり、朝と夜が過ごしやすくなりましたね。

鈴虫の声が良く聞こえるようになりました。

 

 

今回は、上の前歯のすきっ歯を治した症例を紹介します。

 

 

患者様は20代の女性。

 

上の前歯の隙間を気にされて、ひだまり歯科に来られました。

 

治療前の歯並びの状態がコチラです。

SHOFU DENTAL DIGITAL CAMERASHOFU DENTAL DIGITAL CAMERASHOFU DENTAL DIGITAL CAMERA

 

上の前歯の真ん中に少し隙間があります。

 

この隙間、気にされない方もいますが、

気になる方は、どうしても何とか治したいと思われます。

 

また、上の前歯だけでなく、下の前歯も少し歯並びがガタガタでした。

 

 

そこで、前歯の部分矯正(プチ矯正)を行う事にしました。

 

まず、上の歯だけ矯正器具を付けました。

SHOFU DENTAL DIGITAL CAMERA

 

その後、上下で矯正治療を進めていきました。

 

かなり順調に歯を動かす事が出来たので、

半年で目立つ器具を外して、見えにくい裏側にワイヤーで

固定しました。

 

 

治療後の歯並びがコチラです。

SHOFU DENTAL DIGITAL CAMERASHOFU DENTAL DIGITAL CAMERASHOFU DENTAL DIGITAL CAMERA

 

 

今回の場合、半年という非常に短期間で

治療を終える事が出来ました。

 

 

ただ、短期間で歯が動いたという事は、

安定しなければ短期間で元に戻る、

ということを意味しています。

 

 

前歯の部分矯正(プチ矯正)は短期間で、

気になる部分だけきれいになりますが、

安定させるのは非常に難しい治療です。

 

 

今回の症例も、このまま安定して綺麗な歯並びが維持できるよう、

経過を診ていこうと思っています。

 

かなり凹んだ前歯を治した矯正治療

先日のブログで、矯正治療の適正開始時期について

書かせてもらいました。

http://hidamari-dc.net/blog/archives/2579

 

 

また、その適正時期を過ぎた場合の

矯正治療の方法についても書かせてもらいました。

http://hidamari-dc.net/blog/archives/2587

 

 

 

今日は、矯正治療適正時期を過ぎてから

治療を行った症例について書かせてもらいます。

 

 

 

患者さんは20代男性。

 

上の前歯の歯並びが気になるという事で

ひだまり歯科に来られました。

 

 

最初の歯並びがコチラです。

SHOFU DENTAL DIGITAL CAMERA

上の前歯がかなり凹んでいるのが

分かるでしょうか?

 

実は下の歯並びもあまり良くないのですが、

本人が、上を治してほしい、という希望だったので、

今回は、上の歯並びだけ治すことにしました。

SHOFU DENTAL DIGITAL CAMERA

 

 

 

歯のガタツキが大きかったため、8カ月程度かかりましたが、

なんとか綺麗な歯並びにする事が出来ました♪

SHOFU DENTAL DIGITAL CAMERA

凹んでいた歯を前に出すだけではなく、

斜めに生えているような感じの前歯も

一緒に治す事が出来ました!

 

 

患者さんにもとっても喜んでもらえたので、

私も治療して嬉しくなりました ^^)

 

 

 

今は夏休みという事もあり、お子様の歯並びの相談が増えています。

 

また、お子様だけでなく、大人の方の矯正相談も非常に増えています。

 

 

 

歯並びが気になる方は、かかりつけの歯科医院で

一度相談してもらう事をお勧めします。

 

上の前歯、1本だけ歯並びを治したい

今日は久しぶり⁉に、矯正治療した症例について

書かせてもらいます。

 

 

患者様は30代女性で、上の前歯の歯並びが気になる

ということで、ひだまり歯科に来られました。

 

 

治療前の歯の写真です。

(赤丸部分が、歯並びを気にされていた部分です)

スライド1

PICT0006歯科医師が診ると、下の歯並びも気になるんですが…

 

患者様自身も、下も気になっているけど、

上の前歯の方が目立って気になるので、この1本だけ

前に出して綺麗にして欲しい、という事でした。

 

当院で一通り検査した結果、歯と歯の間を0.2㎜程度削れば

プチ矯正(前歯の部分矯正)が出来ると判断し、

そのことを患者様に説明しました。

 

そしてプチ矯正を開始しました。

 

 

治療して約半年でここまで綺麗にすることが出来ました♪

スライド2

SHOFU DENTAL DIGITAL CAMERA

 

半年という短期間で歯を動かした場合、

その位置で安定させるために、

さらに1年程度はリテイナーといって、

後戻りしないためのマウスピースを入れてもらい、

経過を診ていく必要があります。

 

ただ、患者様自身が短期間で綺麗な歯並びになったと

喜んでもらえたので、私も嬉しくなりました(^^)

 

 

前歯だけの部分矯正・プチ矯正は、歯並びによっては

出来ないこともあるため、矯正治療を希望される方は、

歯並びの状態を、歯科医院でキチンと検査してもらって、

治療法をしっかり説明してもらってから

治療を始められることをお勧めします。

 

大きな差し歯を治したい!

今日は矯正治療の一つの方法を紹介したいと思います。

 

それは「挺出(ていしゅつ)」という方法で、歯の大きさを揃える治療です。

 

 

実際の治療例を見てもらいます。

 

患者様は10代の女性。

上の前歯の差し歯の大きさが気になる、

という事で、ひだまり歯科に来られました。

 

その時の歯の写真です。

%e5%89%8d

 

 

 

 

 

 

向かって左の前歯が大きいのがわかるでしょうか?

 

この差し歯をきれいにしたいという事だったのですが、

このまま差し歯だけきれいにしても、解決しないことを説明し、

まずは矯正治療を行うことにしました。

%e4%b8%ad

 

 

 

 

 

矯正治療を開始して約3カ月で、歯の大きさを

ある程度揃える事が出来ました♪

SHOFU DENTAL DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

この状態で少し安定するのを待ってから、

差し歯をやり替えて、よりきれいに仕上げていく予定です。

 

 

患者様は、短期間で歯が動いたと、とても喜んでくれました!!

 

ただ、まだ治療途中の為、差し歯をやり替えた後、

写真を撮って、皆様にお知らせできればと思っています(^^)

 

前歯の歯並びをちょっとだけ治したい

9月も下旬になり、涼しくなるかと思えば、

蒸し暑い日もあって、なかなか涼しくなりませんね(^_^;)

 

 

さて、今回は上の前歯の部分矯正治療の事を書かせてもらいます。

 

 

ひだまり歯科では、歯並びが気になるという方が非常に多く、

前歯の歯並びや、奥歯の咬み合わせが気になる方など、

多数来院されます。

 

 

そんな中、中学生の女の子が、上の前歯の歯並びが気になる、

ということで矯正治療を希望されました。

 

 

 

治療前の歯並びがコチラです。

pict0002

上の前歯が少しだけ凹んだ位置にあります。

 

 

前歯がほんのちょっと、凹んでいるだけですが、

本人はとっても気になっていました。

 

 

そこで上の前歯のプチ矯正(部分矯正)を開始しました。

 

 

治療を始めて3~4ヶ月で、綺麗な歯並びになりました♪

pict0001

短期間で綺麗な歯並びになったことを、

患者さん自身がとっても喜んでくれました!

 

ただ、短期間で治した場合、放っておくと短期間で

元に戻ってしまう事がある為、そうならないよう、

経過をしっかり診ていく必要があります。

 

 

今後は、4~6ヵ月毎に経過を診ていく予定です。

 

 

 

最近、前歯の部分矯正を希望される方が多いのですが、

歯並びによっては部分矯正では対応できない場合もありますので、

その点はご理解頂ければ有り難いです。

 

 

 

 

治療の期間・費用・方法を明確にする

本当に暑い日が続きますね。

皆様、熱中症には十分気を付けて下さいね。

 

 

ひだまり歯科では、暑い日が続くにもかかわらず、

多くの患者様が来られています。

 

また、最近は矯正治療やインプラント治療など、

期間がかかる治療の相談が増えてきております。

 

 

 

 

矯正治療やインプラント治療では、期間や費用、

治療の方法など、気になることが沢山あると思います。

 

 

当院では、そういった不安を解消するために、

治療内容や方法・費用を、時間を確保して説明したり、

お持ち帰りいただける患者様毎の資料をお作りしております。

 

 

この取り組みをずっと続けてきた結果、

先日の患者様アンケートでも矯正治療の事を

書いてくださいました。

https://www.qlife.jp/kuchikomi_1020773_140453

 

 

 

一部を抜粋すると、

歯の矯正治療をしています。

以前の病院で矯正をしたけれど、始めに提示された期間より

かなり長くかかり、しかも自分の思っていように仕上がらなかったのです。

 

こちらの病院では、料金、期間、矯正方法を的確に

きちんと説明して下さり、本当に満足のいく治療でした。…

 

 

 

ひだまり歯科では、出来るだけ治療の回数や治療方法など、

時間を取って説明するようにしています。

 

特に、インプラント治療の場合は半年から1年、

矯正治療の場合は2~3年、時にはそれ以上

治療がかかることがあります。

 

期間がかかる分、治療を始める前に、期間や費用を予め明確にすることで、

少しでも患者様の不安を解消できればと思っております。

 

 

お子様の矯正治療の開始時期について

夏休みの時期です。

 

ひだまり歯科にも、多くのお子様が兄弟姉妹で、

あるいは親子で多数来院されています。

 

 

この時期、特にお子様の歯並びの問い合わせが多く、

治療を始めるとしたら、いつがいいのか、よく聞かれるので、

治療開始時期の目安について書こうと思います。

 

 

 

まず、下の歯が前に出ている「受け口」の場合。

PICT0010

早ければ、当院では4歳から矯正治療を開始して、

受け口を治しています

PICT0001

 

 

 

次に、前歯(特に下)がガタガタな場合

PICT0018

この場合、早ければ6歳から矯正治療を開始しています

拡大床」という、顎の成長を手助けする装置を使います。

PICT0007

拡大床は、半年から1年程度使ってもらいます。

 

 

そしてある程度、顎が大きくなれば、装置を外すようにしています。

PICT0001

 

 

 

 

あと、意外と多いのが「すきっ歯」の場合。

PICT0002

 

すきっ歯は、自然に治ることもあるのですが、

全て大人の歯になってからも、すきっ歯になっていれば

矯正治療を開始します

 

時期としては、小学校高学年から中学生の時に、

治療を開始することが多いです

PICT0001

 

いわゆる、針金の装置を使って矯正治療をします。

 

 

うまくいけば、数ヶ月でここまで綺麗になります♪

PICT0008

 

 

 

歯並びの状態によって、矯正治療を開始する時期や

矯正治療で用いる装置、治療期間や費用はそれぞれ異なります。

 

 

もしお子様の歯並びが気になる保護者の方は、

歯科医院で相談される際、「治療開始時期」「治療期間」「費用」など、

しっかり説明してもらうようにしてください。

 

 

 

 

 

マウスピース矯正か、針金矯正か?

ひだまり歯科では、矯正治療の方法として、

最新式のマウスピース矯正や、昔ながらの針金矯正など、

患者様の歯並びや要望に合わせて治療を行っています。

 

ただ、患者様の歯並びや要望を考慮すると、

最初の希望とは異なる治療方法で矯正治療をすることもあります。

 

 

今回、紹介するのはその一例です。

 

 

患者様は20代の大学生。

もともと矯正治療を行いたかったそうですが、

引越ししなければならなかったため、引越し先で矯正治療を

してくれるところを探していたそうです。

 

また、患者様はマウスピース矯正を希望されていて、

前の歯科医院からの紹介状にも、マウスピース矯正で

お願い致します、との記載がありました。

 

 

ちなみにその患者様の最初の歯並びの状態です。

前歯の歯並びが悪いだけでなく、前歯の噛み合わせが悪いため、

うどんやラーメンなどの麺類は食べにくいと仰っていました。

01234

 

患者様の要望は、

①費用は出来るだけ安い方が良い

②期間は短い方が良い(学生の間に終わらせたい)

③器具は出来れば目立たない方が良い

 

ちなみに、これらの要望を考慮した場合、

ひだまり歯科での矯正治療の第1選択は「プチ矯正(前歯の部分矯正)」です。

 

その事を患者様にお伝えしたところ、

「マウスピース矯正の方が安いと思っていました!!」と驚かれていました。

(針金の矯正治療より、マウスピース矯正の方が費用や期間が

かかりますが、患者様はそう思われていなかったようです)

 

 

そこで、充分に時間を取って、再度治療方法について説明し、

患者様と相談したところ、今回はプチ矯正で行うことになりました。

PICT0012

 

 

 

矯正器具を付けて、6ヵ月頑張ってもらいました。

そして、ここまで綺麗でしっかりかめる歯並びにすることが出来ました♪

PICT0002PICT0003PICT0004PICT0005PICT0006

 

もしマウスピース矯正で行っていた場合、

期間は2年程度かかっていたと思われます。

 

患者様の要望と一部異なりますが、

それでも短期間で綺麗な歯並びなり、

前歯でもしっかりかめるようになったので、

患者様は大変満足されていました。

ただ、短期間で歯並びを治したので、

この状態で安定させることも大切です。

 

 

この歯並びが長く安定するよう、

暫くは経過を見ていこうと思っています。