ホワイトニング

矯正治療とホワイトニング

今回のブログは矯正治療についてです。

 

 

患者さんは、当院には3年以上前に初めてお越し頂いた方で、

最初は歯石取りや虫歯治療を行っていました。

 

 

そして当院との信頼関係が出来てきた頃、

患者さんが歯を白くしたいと仰いました。

 

そこで、歯科医院で行う、オフィスホワイトニングをして、

黄ばんだ歯を白くしました。

 

 

 

その後、4ヶ月に1回、メインテナンスに通われていたのですが、

今年の春頃、前歯の矯正治療もしたいと仰いました。

(ちなみに、当院に初めてお越し頂いた時の歯並びはこんな状態でした。)

PICT0006

 

 

 

 

 

 

上の前歯がデコボコで、見た目を気にされていました。

また、下の歯並びも少しだけデコボコです。

 

 

そこで治療計画を立案し、患者さんに説明しました。

治療方法として、①前歯だけの部分矯正 ②全体を治すマウスピース矯正、

この2通りを説明したところ、前歯の部分矯正を始めたいという事だったので、

前歯に矯正装置を付けて、治療を始めていきました。

PICT0028

 

 

 

 

 

 

装置を付けて3ヶ月程度で、ここまで歯並びが改善してきました。

PICT0001

 

 

 

 

 

 

 

そこで一旦、目立つ矯正装置を外し、微調整と安定を兼ねて、

マウスピースに装置を切り替える準備を始めました。

PICT0007

 

 

 

 

 

 

治療が終わっているように見えるかもしれませんが、

ここから微調整や咬み合わせなど、細かい部分を仕上げていく必要があり、

あと、数ヶ月は期間がかかると思います。

 

 

ただ、患者さんとしては昔から気にしていた前歯の歯並びが、

半年程度でこんなに綺麗になると思わなかったようで、

今のところ、とても満足してくれています。

 

 

 

最近、虫歯治療や歯周病治療だけでなく、

矯正治療やインプラント治療を希望する方が増えてきているので、

そういった方の要望に出来るだけこたえられるよう、

日々、研鑽をつん積んででいくようにしています。

 

神経のない歯を白くする方法

「歯を白くしたい」という願望は、誰しもあるものです。

 

歯を白くする方法は様々ですが、

今回は、神経のない歯(神経が死んでしまった歯)を

白くする方法について書きます。

 

 

 

神経のない歯を白くするには、歯の中に歯科用の漂白剤を入れて、

白くする方法があります。

 

他には、セラミックの差歯にするといった方法もありますが、

キレイな差し歯にしようと思うと、少し費用がかかってしまいます。

 

 

しかし、漂白ならセラミックの1/5~1/10の費用で

白くすることが出来ます。

 

 

 

最近来られた患者さんですが、虫歯を気にされて来院されました。

PICT0011

 

 

 

 

 

虫歯で黒くなっている部分もあるのですが、

上の真ん中の歯は、以前、歯の神経を取る処置をしたそうで、

期間が経つにつれて、歯が暗くなってきたそうです。

 

 

 

そこで、虫歯治療と歯の漂白治療、そして歯のクリーニングを行いました。

PICT0003

 

 

 

 

 

歯の漂白をすると、何となく全体的に歯が明るく見えるようになりましたと、

患者さんにもとても喜ばれました。

 

 

ただ、漂白で白くならない事もありますので、

歯を白くしたい方は、まずは歯の状態を確認してもらって、

適切な方法を教えてもらう事をお勧めします。

 

 

ホワイトニング、好評です。

最近、歯を白くしたいという患者様が増えてきました。

 

一言で歯を白くする、といっても方法は色々ありまして、

①ヤニや茶渋を取る方法(クリーニング)

②歯科医院で歯の黄ばみを綺麗にする方法(オフィスホワイトニング)

③ご自宅で歯の黄ばみを綺麗にする方法(ホームホワイトニング)

④神経がなく、黒くなった歯を白くする方法(ウォーキングブリーチ)

と、4通りもあるんです。

 

 

そこで、当院では「歯を白くしたい」という方は、

すぐに歯を白くするのではなく、まずはしっかり検査をして、

その患者様に合ったホワイトニングの方法を提案するようにしています。

 

 

多くの方は、②歯科医院で歯の黄ばみを綺麗にする方法(オフィスホワイトニング)を

ご希望されるので、費用や時間など細かく説明してから、後日施術しています。

 

 

あと、以前当院で施術した患者様の症例をお出しします。

スライド1

スライド3

スライド2

 

 

 

 

 

もともと歯の黄ばみを気にされていたのですが、2~3回の施術で

ここまで綺麗にすることが出来ます♪

 

 

歯の黄ばみが気になる方、一度ホワイトニングしてみたい方は

スタッフにお気軽にお声掛け下さい。

 

 

歯のホワイトニング(神経のない歯を白くする)

最近、暖かくなり、春らしくなってきましたね。

 

春は、何か新しいことを始めたくなる、

そんな気持ちにさせてくれます。

 

 

 

 

さて今回、ブログに書かせてもらう内容は、

ズバリ、「ホワイトニング」です。

 

 

ホワイトニングとは、黄ばんだ歯や、暗くなってしまった歯を

明るくする方法です。

 

ホワイトニングといっても、方法が3種類あります。

(詳しくはコチラ、http://www.hidamari-dc.net/whitening.html)

 

当院HPには、歯医者で行うオフィスホワイトニングと、

家で自分で行う、ホームホワイトニングが記載していますが、

実はもう一通り、ホワイトニングにはあります。

 

それが、「根管内ブリーチ【別名:ウォーキングブリーチ】」です。

 

これは、神経がなくなって暗くなった歯を

明るくする方法なのですが、導入している医院が少ないように思われます。

 

 

先日、当院にお越し頂いている方のお嬢様が、

近々、社会人になるので、それまでに歯を白くしたいと

いうことで、神戸市から来られました。

 

上の前歯の色が気になるという事で、

最初に写真を撮らせてもらいました。

PICT0010

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

左側の歯が、少し暗くなっているのがわかると思います。

 

これは、以前、歯の神経を取ったそうですが、

歯の神経を取った後、歯が暗くなってきてしまったそうです。

 

実はこういったことはよくあることなのですが、

特に上の前歯がこうなってしまうと、見た目が気になります。

 

 

そこで、当院でホワイトニングを施術しました。

ホワイトニング後の写真です。

PICT0001

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

左側の歯の色が明るくなっているのがわかるでしょうか?

 

しばらくすると、色が元に戻ろうとするので、少し明るめにしてみました。

(元々の隣の歯より、白く明るくなっています!)

 

 

2回ほど施術したのですが、患者様にはとても満足いただけて、

私もスタッフも嬉しくなりました。

 

 

 

歯の色が気になる方は、一度当院までご相談ください。

 

 

オフィスホワイトニング、好評です!

先日導入したばかりのオフィスホワイトニングですが、

私だけでなく、当院スタッフの歯も実験させてもらいました。

 

スタッフ2名の歯をホワイトニングしてみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もともと綺麗な歯の色をしているのですが、

たった1時間弱で、しかも1回でここまで白くなり、

それでいて副作用の知覚過敏などが少ないので、

本当に素晴らしいものだと実感しています。

 

 

患者さんにも体験してもらっているので、

その方々の写真や感想などがまとまれば、

またブログに載せたいと思います。

 

 

ホワイトニングのセミナーに参加してきました

先週の日曜日の話ですが、

東京に行ってホワイトニングのセミナーに参加してきました。

(ここでいう「ホワイトニング」とは、歯科医院で行う、

いわるゆ「オフィスホワイトニング」のことです)

 

今でこそ、多くの医院で取り入れられているホワイトニング。

 

しかし、今までのホワイトニングでは、歯が白くなったものの、

歯がしみやすくなる、いわゆる「知覚過敏」が出てしまうことが多かったこと、

また、導入コストが高すぎる事、

そして、白くなりにくいのではないか?という、個人的な様々な理由で

当院での導入を見送っていました。

 

 

しかし、今回参加したホワイトニングセミナーでは、

歯が白くなりやすいうえに、知覚過敏が出ず、

しかも導入コストも今までより安い、という、

今までより優れたホワイトニングの方法だったのです。

 

というわけで、すぐに必要な道具を発注しました!!

 

近日中に全ての道具がそろう予定です。

 

 

患者さんに行う前に、まずはスタッフ全員で試してみることになってます。

 

ひょっとしたら今月中にはスタッフ全員の歯が白くなっているかもしれません(笑)

 

スタッフで試した結果は、またブログで報告したいと思います。