小児矯正(床矯正)

拡大床で綺麗になった歯並び(2年半使用)

ひだまり歯科では、矯正治療を希望される方が多く、

その中には、小学生の子も多数来院されます。

 

 

春の歯科検診では、歯並びも検査するため、

歯並びを歯医者さんで診てもらって下さい、

という意味を込めて、歯並びにチェックが入ることもあります。

 

 

 

10年以上前では、矯正治療というと、

ガタガタな歯並びの場合、小臼歯を抜歯して

針金を付けて矯正する、という方法が一般的でした。

 

 

しかし、最近では極力抜歯せずに矯正治療する、

という方法が主流になってきました。

 

 

特に、小学校低学年の間に、矯正治療を開始すれば、

ガタガタ歯並びも、抜歯せずに、成長期に合わせて

アゴを大きくする手助けをして、歯並びも綺麗にする、

そんなことが可能になりました。

 

 

実際の治療例を以下に示したいと思います。

 

 

患者さん(女の子)が始めて当院に来られたのが6歳の時でした。

 

当時の歯の写真がコチラです。

PICT0015 - コピー

PICT0016 - コピー

PICT0014 - コピー

 

最近の子に多いのですが、アゴが小さく、

大人の歯(前歯)が少し大きいため、

歯並びがかなりガタガタになっています。

 

 

そこで、拡大床(かくだいしょう)という、

アゴを大きくする矯正装置を6歳から

使ってもらう事になりました。

 

(以下の写真は、拡大床の見本です)

b0121418_20594663

 

 

かなりアゴが小さかったため、上下2組(合計4つ)の

拡大床を使用しました。

 

そして2年半後には、かなりアゴが成長し、歯並びも改善されました。

SHOFU DENTAL DIGITAL CAMERA

SHOFU DENTAL DIGITAL CAMERA

SHOFU DENTAL DIGITAL CAMERA

 

治療前と治療後の歯の写真を比べると、

かなり改善されているのがわかります‼

 

 

ただ、拡大床を使用して、全てのお子様が

ここまで歯並びが綺麗になるかというと、

実際はそうでもないというのが正直な私の見解です。

 

 

というのも、拡大床は取り外しができる装置なのですが、

自分で取り外せるという事は、

取り外したまま、入れ忘れてしまうこともあり、

拡大床の使用時間が、結果に大きく影響します。

 

 

お子様、お孫様の歯並びが気になるとか、

拡大床ってどういう装置なのか、など

気になる方は、かかりつけの歯科医院で聞いてみてくださいね。

 

 

矯正治療の適正開始時期を逃すと…

先日、ブログで小学生までのお子様の

矯正治療を考えられている場合、

歯並びによって矯正治療の適正開始時期が

異なることを書かせてもらいました。

 

その影響からか、ひだまり歯科では

お子様・お孫様の歯並びの相談が

非常に多くなっております。

 

 

 

ちなみに、矯正治療の適正時期とは、

何を意味しているのか、

また、その時期を逃してしまった場合

どういったことになるのか、

ということを本日は書かせてもらいます。

 

 

まず、矯正治療の適正開始時期についてですが、

例えば、「ガタガタ歯並び」の場合。

SHOFU DENTAL DIGITAL CAMERA

この場合、ひだまり歯科では6歳頃を目安に

矯正治療を開始していますが、

もしその時期を逃した場合、どうなるかというと、

大人になってから矯正治療する場合、

 器具を付けている期間が長くなり、

 痛みを伴う事がほとんどである。 

PICT0001

 

 

ほとんどの場合、小臼歯の抜歯が必要になる

PICT0005

 

③矯正治療しない場合、歯並びが自然治癒することはない。

その結果、歯並びが悪い部分は、歯磨きしづらく

虫歯や歯周病になりやすい。

また、見た目が悪く、海外の方と仕事をする場合、

歯並びが悪いだけで、信頼されにくい事がある

 

 

 

先日、G7サミットのニュースを見ていた時、

海外のトップは、必ずと言っていいほど、歯並びが綺麗です。

また、特にアメリカ大統領はセラミックの

差し歯が入っています!

 

 

ところが、日本の首相は…歯並びがガタガタ(>_<)

 

 

日本は先進国と言われていますが、

歯の状態、口腔内の状態だけを見ると、

先進国と言ってはいけない程、

日本人は歯に関して意識がまだまだ低く、

歯並びがガタガタでもまったく気にしないんです。

 

 

歯科医師として、歯に関する啓蒙活動の必要性を感じていますが、

当院に通っている患者さんには、

お子様・お孫様の歯並びが気になる場合、

適正な矯正治療開始時期をお伝えしています。

 

 

もし、かかりつけの歯科医院が矯正治療をしていない場合は、

紹介してもらえる矯正歯科があるか、

聞いてみてくださいね。

 

 

 

 

 

矯正治療の適正開始時期(小学生まで)

もう既に夏休みになっている学校もあるようで、

最近、多くのお子様が来られています。

 

また、保護者の方が治療に来られた際、

お子様の歯並びの事で相談を受けることも多々あります。

 

 

 

矯正治療の開始時期や用いる治療器具、

治療方法は先生や医院によって異なることが多いです。

 

なので、ここでは、ひだまり歯科の基準を

お伝えしようと思います。

 

 

歯並びの相談で一番多いのが、「ガタガタ歯並び」です。

SHOFU DENTAL DIGITAL CAMERA

 

多くのお子様が、顎が小さく、歯が大きいので

どうしても歯並びがガタガタになってしまいます。

 

 

ひだまり歯科では、ガタガタ歯並びは、

「6歳頃」を目安に治療を開始しています。

 

また、上の歯の出っ歯の治療も

「6歳頃」、あるいはもう少し経ってから

治療を開始しています。

 

 

 

次に多い相談が「受け口」です。

PICT0011

 

この場合は、ガタガタ歯並びより早い時期から

治療を開始することが多く、「4歳頃」を目安に

治療を開始しています。

 

 

あと、意外と⁉多いのが、上の前歯の真ん中のすきっぱです。

PICT0010

 

この場合、実は矯正治療しないことが多いです!

というのも、ある程度大人の歯が揃ってくると、

自然にすきっぱが治ることが多いからです。

 

ただ、中学生以降になってもすきっぱが残っている場合は、

すぐに矯正治療を開始することがあります。

 

 

 

周りのお友達がしているから、というキッカケで

矯正治療を希望されるお子様が多いのですが、

歯並びは色々なので、治療方法や開始時期が

一緒とは限らないです。

 

 

もしお子様の歯並びが気になる場合は、

かかりつけの歯科医院で相談し、

矯正治療が必要かどうか、

また矯正治療はいつからすればいいか、

聞いてみるようにしてください。

 

 

小児 上の前歯の矯正

最近、ひだまり歯科では歯並びの相談が増えていて、

特に小学生のお子様の歯並び相談が増えてきています。

 

 

相談内容では、歯並びがガタガタな子が多いようです。

 

 

一言でガタガタと言っても、当院では数種類の装置を

お子様ごとに使い分けながら治療するようにしています。

 

 

例えば、こちらの男の子の場合。

前歯がガタガタです…。

PICT0008

PICT0009

PICT0010

 

今回は、リンガルアーチという装置で

前歯のガタツキを先に治しました。

(写真は別のお子様です)

リンガルアーチ

 

また、上の前歯の部分だけ

針金の矯正器具を付けて仕上げていきました。

SHOFU DENTAL DIGITAL CAMERA

 

 

そしてここまで綺麗にする事が出来ました♪

SHOFU DENTAL DIGITAL CAMERA

SHOFU DENTAL DIGITAL CAMERA

よく見ると、下の前歯がまだ少し

ガタガタしています。

 

ただ、これ以上の治療を希望されない場合、

この状態で終える事もあります。

 

もし下の前歯も綺麗にしたい場合は、

下の歯にも針金の矯正装置を付けていく予定です。

 

 

お子様の矯正治療で、歯を抜かずにしたい場合は、

適切な時期に、適切な矯正器具を使うと

そういった治療も可能です。

 

 

もうすぐ春休みです。

 

もしお子様の歯並びが気になる方は、

春休みに時期を使って、歯医者に相談に行かれることをお勧めします。

 

反対咬合(はんたいこうごう)と言われたら

春の学校検診で、歯並びにチェックが入っている場合や、

あるいは、かかりつけの歯科医院で矯正が必要と言われたが、

かかりつけでは矯正治療をしていない場合は、

矯正治療を行っている歯科医院で、一度診てもらうべきです。

 

 

特に受け口の場合や、反対咬合(はんたいこうごう)と言われた場合、

早い時期に矯正治療を開始した方が、治りが早い事が多いです。

 

 

例えば、上の前歯より、下の前歯が前に出ている場合。

(これを反対咬合といいます)

PICT0003

 

 

歯科医院によって、使う装置の種類や、

治療期間、治療費などは異なりますので、

自分に合うと思う治療方法や歯科医院を選ぶことをお勧めします。

 

 

また、受け口だけでなく、ガタガタ歯並びにもなっている場合などは、

治療期間がどうしてもかかってしまいます。

 

 

 

歯並びが気になる場合、まずは歯科医院でしっかり検査してもらい、

どういった治療方法があるのか、聞くようにしましょう。

 

 

 

治療の期間・費用・方法を明確にする

本当に暑い日が続きますね。

皆様、熱中症には十分気を付けて下さいね。

 

 

ひだまり歯科では、暑い日が続くにもかかわらず、

多くの患者様が来られています。

 

また、最近は矯正治療やインプラント治療など、

期間がかかる治療の相談が増えてきております。

 

 

 

 

矯正治療やインプラント治療では、期間や費用、

治療の方法など、気になることが沢山あると思います。

 

 

当院では、そういった不安を解消するために、

治療内容や方法・費用を、時間を確保して説明したり、

お持ち帰りいただける患者様毎の資料をお作りしております。

 

 

この取り組みをずっと続けてきた結果、

先日の患者様アンケートでも矯正治療の事を

書いてくださいました。

https://www.qlife.jp/kuchikomi_1020773_140453

 

 

 

一部を抜粋すると、

歯の矯正治療をしています。

以前の病院で矯正をしたけれど、始めに提示された期間より

かなり長くかかり、しかも自分の思っていように仕上がらなかったのです。

 

こちらの病院では、料金、期間、矯正方法を的確に

きちんと説明して下さり、本当に満足のいく治療でした。…

 

 

 

ひだまり歯科では、出来るだけ治療の回数や治療方法など、

時間を取って説明するようにしています。

 

特に、インプラント治療の場合は半年から1年、

矯正治療の場合は2~3年、時にはそれ以上

治療がかかることがあります。

 

期間がかかる分、治療を始める前に、期間や費用を予め明確にすることで、

少しでも患者様の不安を解消できればと思っております。

 

 

お子様の矯正治療の開始時期について

夏休みの時期です。

 

ひだまり歯科にも、多くのお子様が兄弟姉妹で、

あるいは親子で多数来院されています。

 

 

この時期、特にお子様の歯並びの問い合わせが多く、

治療を始めるとしたら、いつがいいのか、よく聞かれるので、

治療開始時期の目安について書こうと思います。

 

 

 

まず、下の歯が前に出ている「受け口」の場合。

PICT0010

早ければ、当院では4歳から矯正治療を開始して、

受け口を治しています

PICT0001

 

 

 

次に、前歯(特に下)がガタガタな場合

PICT0018

この場合、早ければ6歳から矯正治療を開始しています

拡大床」という、顎の成長を手助けする装置を使います。

PICT0007

拡大床は、半年から1年程度使ってもらいます。

 

 

そしてある程度、顎が大きくなれば、装置を外すようにしています。

PICT0001

 

 

 

 

あと、意外と多いのが「すきっ歯」の場合。

PICT0002

 

すきっ歯は、自然に治ることもあるのですが、

全て大人の歯になってからも、すきっ歯になっていれば

矯正治療を開始します

 

時期としては、小学校高学年から中学生の時に、

治療を開始することが多いです

PICT0001

 

いわゆる、針金の装置を使って矯正治療をします。

 

 

うまくいけば、数ヶ月でここまで綺麗になります♪

PICT0008

 

 

 

歯並びの状態によって、矯正治療を開始する時期や

矯正治療で用いる装置、治療期間や費用はそれぞれ異なります。

 

 

もしお子様の歯並びが気になる保護者の方は、

歯科医院で相談される際、「治療開始時期」「治療期間」「費用」など、

しっかり説明してもらうようにしてください。

 

 

 

 

 

大人の歯が変な所から生えている

今回は、乳歯から永久歯に生え変わる時のことを

書かせてもらいます。

 

 

お子様、お孫様の年齢が6歳頃になると、

乳歯がグラグラして、永久歯が生えてこようとします。

 

また、一番奥の場所には、乳歯が生えてない所から、

6歳臼歯と呼ばれる永久歯が生えてくるようになります。

 

 

お子様、お孫様の身体はまだまだ小さいのですが、

歯は順調に大人になる準備をしているようです(^_^)

 

 

 

乳歯がグラグラして、永久歯が生えてくる時、

お口の中はこのような状態になっていることが多いです。

PICT0002

大人の歯の一部が歯茎から出てきているのが

分かるでしょうか?

 

この時、乳歯はグラグラしてきて、自然に抜けることが多いのですが、

時には、なかなか抜けず、食事の時に乳歯がグラグラして咬みにくかったり、

痛みが出てくることもあります。

 

 

そんな時は、乳歯を抜歯するようにしています。

 

保護者の方と、お子様の了承を得て、その日に抜歯しました!

(一部、血の色が生々しいため、グレーにしています)

PICT0003

 

 

ひだまり歯科では、乳歯を抜歯する基準として、

グラグラして食事に影響が出る場合は、

乳歯を抜歯するようにしています。

 

お子様、お孫様の乳歯がグラグラ動いて気になる場合や、

歯並びが気になる場合は、歯科医院で診てもらう事をお勧めします。

 

 

 

 

4歳の受け口、矯正治療で治ります!

ひだまり歯科では、虫歯や歯周病、審美治療やインプラントなど

お口のトラブルを解決すべく、日々治療を行っています。

 

また、歯並びを気にされて、矯正治療を受けられる方が

急増中で、小さなお子様から70代の女性まで、

年齢に関係なく、多くの方を診察しています。

 

 

今回は、お子様の矯正治療について書こうと思います。

 

 

前歯が永久歯に生えかわるのが、6歳頃。

ガタガタ歯並びを矯正治療する場合、この6歳頃から

治療を開始するのが、ひだまり歯科のやり方です。

 

 

しかし、受け口の場合は、もっと早く治療を開始しています!!

受け口を治すには、専用のマウスピースを用いることで

早期に治すことが出来ます。

 

 

一応、3歳から治療をすることが出来るそうなのですが、

ひだまり歯科では、4歳頃から治療するようにしています。

 

 

 

 

今年に入って、受け口を気にされて相談に来られました。

 

お子様の当時の状態です。

PICT0010

本来、上の前歯が下の前歯より前方にあるのですが、

このお子様の場合、下の前歯が前方に出てきています。

 

 

早期治療を希望されたため、専用のマウスピースを使う事にしました。

IMG_1792

 

 

マウスピース治療を開始して数ヶ月。

 

歯並びを確認してみると、

PICT0001

しっかり治っていました!!

 

しかも、保護者の方から、顔つきもかわってきたという

嬉しい報告もありました♪

 

 

受け口を治す場合、早期治療を希望されるなら、4歳から始めることをお勧めします。

 

但し、このマウスピース治療は、本人と保護者の方がしっかり装置を使い、

管理できなければ、いい結果は出ないので、そこは注意が必要だと思います。

 

 

 

 

床矯正だけで綺麗な歯並びに出来るか?

最近、ひだまり歯科では矯正治療を希望される方が

非常に多くなっております。

 

当院に来られるきっかけは様々で、

「かかりつけの歯科医院で矯正した方が良いと言われたが、

その歯科医院では矯正治療をしていない」とか、

「友人が、ひだまり歯科さんで矯正していると聞いたので、私も来ました」

「ママ友から、ひだまり歯科のことを聞いて、うちの子にも

矯正治療をお願いしたくて…」などです。

 

 

そんな中、小学生のお子様の矯正治療を希望される際、

最初に、「床矯正で歯並びを治してほしい」と言われることがあります。

 

 

ママ友から聞いて、あるいはインターネットで色々調べてから

来られる方に多い意見です。

 

 

その際、こちらから必ずお伝えしているのは、

「床矯正だけでは治らない事があります。

床矯正はあくまで補助装置なので、

最終的には針金を付けることが多いです」ということです。

http://www.hidamari-dc.net/ortho_shokyousei.html

 

 

ひだまり歯科での考え方は、床矯正という装置は、

ガタガタな前歯の歯並びを治すための、補助的な装置であり、

最終的にしっかりかめるようにするには、針金などの矯正装置を使って

歯並びを整えていく必要があります!!

 

ただ、中にはガタガタの度合いが軽度なので、

床矯正だけで治ってしまうお子様がいます。

 

割合としては、4人に1人程度でしょうか…

 

逆の言い方をすると、4人のうち3人は床矯正だけでは治らない

ということです!!

 

 

床矯正治療を考えられている方は、このことを充分に理解してから

治療を開始した方が良いと思います。

 

 

もしお子様、お孫様の歯並びが気になる方は、

矯正治療を行っている歯科医院や、かかりつけ歯科で

相談されることをお勧めします。