白い差し歯

セラミック(白い差し歯)治療 ~テトラサイクリン歯を治す~

歯を白くしたい、そう思う方は多いのではないでしょうか?

 

ひだまり歯科では、歯を白くするための方法として、

ホワイトニングやセラミック治療を導入しています。

 

 

今回は、もともとホワイトニングを希望された方の症例を

紹介したいと思います。

 

 

患者さんは40代の女性で、歯の色を気にされて

当院に来院されました。

 

治療前の歯の状態がコチラ。

SHOFU DENTAL DIGITAL CAMERASHOFU DENTAL DIGITAL CAMERASHOFU DENTAL DIGITAL CAMERA

 

実は歯が少し黄色いだけでなく、

小さい時に飲んだ薬、テトラサイクリン系の

抗生物質の副作用で、歯の色が変わってしまったんです‼

(出産直後から8歳頃までにテトラサイクリン系の

抗生物質を多量に服用したときの副作用を

「テトラサイクリン歯」と言います。

 

昭和40年頃にはよく使われていた薬ですが、

現在はほとんど使用されていません)

 

 

最初、患者さんはテトラサイクリン歯の事を御存知で

ホワイトニングで白くしたい、と仰っていました。

 

 

ホワイトニングでも白くする事は出来ますが、

数年経つと元の色に戻る可能性が高いんです。

 

そのことを説明して、少しでも長期間白い状態を維持したいなら

セラミックの差し歯にした方がいいことを説明しました。

 

また、上の前歯の歯並びも悪かったため、

抜歯してセラミックのブリッジをすることを提案しました。

 

 

すると患者さんから了承を得られたので、

笑った時に見える部分だけ、セラミックの差し歯を入れる事にしました。

 

 

 

治療後の歯の状態がコチラです。

SHOFU DENTAL DIGITAL CAMERASHOFU DENTAL DIGITAL CAMERASHOFU DENTAL DIGITAL CAMERA

 

奥歯(大臼歯)は、笑った時にあまり見えない部分だったので、

小臼歯までセラミックの差し歯にしました。

 

また、もともと銀の詰め物や銀の被せ物をしていたところも

セラミックの差し歯にしました。

 

 

元の歯と比べるとかなり白いように見えるかもしれませんが、

笑った時の見た目は結構自然な、それでいて明るいセラミックの色になるよう、

患者さんとセラミスト(セラミックの差し歯を専門に作ってくれる技工士さん)と

相談しながらセラミックの差し歯の色を決めました。

 

 

 

実はこの患者さん、歯の色だけでなく、咬み合わせにも少し問題がありました。

というのも、歯ぎしりをする癖があり、かなり歯がすり減っていたんです。

 

そこで、セラミックの差し歯にする時に、咬み合わせも治しました。

 

また、セラミックが割れないよう、寝ている時にはマウスピースを入れてもらって、

寝ている時の歯ぎしりで、セラミックが割れないようにしました。

 

 

 

セラミック治療をする時には、見た目だけでなく

セラミックが長持ちするような配慮を、

さらに、咬み合わせも治すようにしています。

 

 

 

もし歯の色が気になる方は、近くの歯科医院で

一度、相談してみる事をお勧めします。

 

 

身内の治療 ~父編~

最近、当院スタッフの矯正治療や虫歯治療、

そして家族の治療をすることもあります。

 

妻の歯の場合、私と知り合う前(20年ほど前)に治療した前歯を

期間をかけて根の治療をして、

セラミックの歯を入れました。(かなり大変でしたが…)

 

 

そして今回、父の治療をしたので、

そのことについてブログに書きたいと思います。

 

 

 

父の歯の治療前、下の歯はこんな状態でした。

スライド1 - コピー

 

赤く丸をした部分は、虫歯になっている部分と

詰め物が取れる前の部分です。

 

 

大きく虫歯になっていたところは、

歯の神経を取って、最終的にセラミックの差し歯をしました。

 

銀の詰め物が取れた部分は、

中で少し虫歯になっていたので、

虫歯の部分を削って、セラミックの詰め物を入れました。

 

 

そして治療後の状態がコチラ。

スライド2 - コピー

今回、奥の銀歯の部分に関しては、

父から治療の希望がなかったため、

触っていません。

 

 

ただ、セラミックを入れた部分は、

かなり自然な仕上がりになっています♪

(こういう自己満足が大切なんです(笑))

 

一応⁉父も喜んでくれたようだったので、

私も一安心です ^^)

 

 

 

今回、銀の詰め物をセラミックにやり替えましたが、

一般的には、銀の詰め物や銀の被せ物は、

入れてから7年ほど経過すると、

約50%が虫歯になっているため、

治療が必要、というデータがあります。

 

 

全ての方が当てはまるわけではありませんが、

保険適応の銀の詰め物や銀の被せ物は、

材質自体の劣化や、接着剤の劣化が原因で、

銀の中で虫歯になっていることがあります。

 

 

セラミックの詰め物やかぶせ物は、

材質の耐久性がいいだけでなく、

見た目が綺麗で、しかも汚れが付きにくい、

また、接着剤の耐久性もいいので、

虫歯になりにくい、という性質があります。

 

 

 

(歯科医師の本音を言わせてもらうと、)

費用の関係で、保険適応の物を入れてほしい、

と患者さんから言われるため、銀の詰め物やかぶせ物を

していますが、10年もつかどうか、いつも考えさせられます。

 

 

さらに本音を言うと、本来は虫歯にならないよう、

定期的に検診に来てもらい、

歯のクリーニングや歯磨き指導を

多くの患者さんに受けてもらいたい、

そうすれば、歯医者が、虫歯の治療をする場所ではなく、

虫歯にならないための場所になって、

通う事が嫌にならないのでは、と思っています。

前歯のセラミック治療

クリスマスも終わり、年末になるにつれて、

何かと忙しくなるこの季節。

 

寒い日が続きますが、皆様、元気でお過ごしでしょうか?

 

 

私も妻も、そして愛犬モカも元気です!

 

モカはクリスマスプレゼントを気に入ってくれました♪

1514173176859

 

 

 

今日は上の前歯の差し歯をやり替えた症例を

ブログに書きたいと思います。

 

患者さんは50代の男性。

以前、家の近くの歯科医院に通っていたそうですが、

他の歯科医院で診てもらいたい、

ということで当院に来られました。

 

 

治療開始前、正面から見た歯の写真です。

SHOFU DENTAL DIGITAL CAMERA

 

上の前歯は、かなり前に差し歯治療をしたそうですが、

差し歯自体が劣化し、かなり変色していました。

 

また、歯根の先には炎症による膿がたまっていたため、

根の治療(歯の神経を取る治療)も必要でした。

 

 

今回4本の前歯を治療していくことになったのですが、

治療期間中も、見た目を少しでも良くしたいと思い、

綺麗な仮歯を入れました。

 

また、一気に4本の前歯の根の治療をすると、

仮歯が外れやすくなることがあるため、

敢えて、2本ずつ根の治療をして、少しでも仮歯が

外れないよう、工夫しながら治療を進めました。

 

 

 

根の治療をし、最終的な差し歯が入った状態です。

SHOFU DENTAL DIGITAL CAMERA

 

差し歯をやり替えただけで、かなり印象が変わりました。

 

治療前後で写真を並べてみると、

SHOFU DENTAL DIGITAL CAMERA

SHOFU DENTAL DIGITAL CAMERA

写真の撮り方にもよるかもしれませんが、

全体的に明るくなった印象です。

 

 

差し歯をやり替えることも大切ですが、

少しでも差し歯を長く使ってもらえるよう、

根の状態が悪ければ、根の治療をする必要がありますし、

差し歯の色が変わらないようにするため、

今回は保険の利かないセラミックの差し歯にしました。

(以前入っていた差し歯は保険適応の材質の為、

経年劣化し、変色してしまいます)

 

 

差し歯をきれいにし、患者さんにもとっても喜んでもらえました♪

 

 

歯科医師として歯の治療をすることで、

患者さんに喜んでもらえる、

これほど仕事にやりがいを感じる事はありません ^^)

 

 

 

これからも多くの患者さんの悩みが解決できるよう、

頑張っていこうと思いました。

 

セラミック治療とインプラント治療

お盆は皆様、いかが過ごされたのでしょうか?

 

私は実家に顔を出したり、お墓参りしたり、

あとは家で愛犬と遊んだり、

休み中でも仕事の事を考えたり…

と、少しゆっくりと過ごしていました。

 

 

よく患者さんから「どこか出かけられるんですか?」と

聞かれるんですが、お盆はどこに出かけても混んでいるので、

家族旅行はお盆を避けて、もっと涼しくなった頃に行こうと

現在、計画中です♪

 

 

 

さて、今日は銀歯をセラミックにやり替えた症例を

紹介したいと思います。

 

 

以前から当院にちょっとした虫歯治療や

定期検診に来られていた方なんですが、

今回、銀歯を白くしたい! ということで、

全体の治療を始める事になりました。

 

 

治療前の歯の状態がコチラです。

PICT0007

下の前歯には歯石やステインが、

奥歯には銀歯が沢山あります。

 

銀歯を外すと、かなり虫歯が進んでいたため、

抜歯した部分もありました(-_-;)

 

抜歯した部分は、インプラント治療で補い、

全体的にセラミックでやり替えました。

 

 

治療後の歯の状態がコチラ。

SHOFU DENTAL DIGITAL CAMERA

前歯の歯石やステインを除去し、

奥歯には汚れが付きにくく、

虫歯になりにくいセラミックが

入っている状態です。

 

 

患者さんもとっても満足してくれました♪

 

 

 

ひだまり歯科では、銀歯などの保険治療も行っていますが、

虫歯のなりにくさ、汚れの付きにくさ、

見た目の綺麗さ、などを考慮し、セラミック治療を

することがとても多いです。

 

また、抜歯した部分は、入れ歯ではなく、

インプラントで補う方が、多くの歯が

長持ちするので、インプラント治療にも力を入れています。

 

 

一度治療した歯を、再治療したくない、

それは患者様も歯科医師も同じだと思います。

 

 

出来るだけ再治療しなくて済むよう、

ひだまり歯科では長持ちする治療方法の提案と

定期検診をお勧めしています。

 

差し歯ひとつでここまで変わる!

前歯が黒くて気になる、

あるいは前歯がゆがんで生えていて気になる、などなど、

前歯は笑ったり話をしたときに見える部分なので、

気になる方が非常に多いです。

 

最近、ある患者さんがセカンドオピニオンを求めて来院されました。

初めてお越しいただいた時の前歯の写真が下です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昔、前歯をぶつけたことがきっかけで、少しずつ色が黒くなり、

そのせいで、歪んで生えていることが気になってきた、と仰っていました。

 

以前通っていた歯科医院では、矯正してから差し歯をすると言われたそうですが、

そこまでする必要があるのか、他の治療方法がないか、と

当院に意見を求めて来られたのでした。

 

私は特に矯正せずに、差し歯だけで改善が可能だと考え、

説明したところ、患者さんはすぐに治療を始めてほしいと仰っていました。

 

そこで治療を開始したのですが、すぐに新しい差し歯を入れるのではなく、

まず歯を削り、仮の歯を入れることにしました。

 

仮の歯を入れて、歯の大きさや形、そしてかみ合わせなどを充分に検査して、

患者さんに何度も確認してもらい、了承を得たところで

新しい差し歯を入れました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いかがでしょうか?

たった一本の歯の色や形が変わるだけで、

随分印象が変わった感じがしませんか?

 

当院では新しい差し歯を入れる際、

可能な限り、仮の歯を入れて確認することにしています。

 

 

歯の色や形で、気になる部分がございましたら、

是非一度ご相談ください。

 

銀歯、気になりますか?

最近、銀歯を白くしたいという方が
増えてきているように思います。

特に説明を聞かないうちに、
気が付いたら銀歯が入れられていた…
そういった声をよく聞きます。

当院では差し歯を入れる前に、
保険のきく銀歯にするか、
保険外の白い歯にするか、
確認してから治療をしています。

ちなみに、銀歯が気になって
白い歯を入れた方の治療例です。

BEFORE

 

 

 

 

 

 

AFTER

 

 

 

 

 

 

 

もし銀歯を白くしたい方は、是非お尋ね下さい。

院長