2014年 10月 の投稿一覧

歯磨き指導に行ってきました

本日、精道小学校に歯磨き指導に行ってきました。

 

小学校4年生のうち、1クラスを担当しました。

 

小学校4年生という年齢は、

親の仕上げ磨きがなくなってくる時期です。

 

 

この時期に、定期的に歯科医院に通い、

歯磨き指導してもらったり、歯石を取ってもらったり、

そういったことが出来ている子は、残念ながらまだまだ少ないです。

 

 

 

親の仕上げ磨きがなく、自分一人で上手に歯磨きが出来るかというと、

なかなか難しいものです。

 

 

そうすると、中学生や高校生になった時に、

虫歯や歯周病になってしまうことが多いんです(-_-;)

 

 

そこで、小学校4年生という時期に、芦屋市歯科医師会から

歯磨き指導に伺うようにしています。

 

 

 

実際には、いかに歯磨きが出来ていないかをわかってもらう為、

磨けていない部分が赤く染まる専用の液を使います。

 

 

そして赤く染まっている部分を確認し、

自分で赤鉛筆で塗ってもらいます。(左側)

1414477303940

 

 

 

 

 

 

 

 

染め出した後、手鏡で確認してもらうと、

「メッチャ赤いし!」

「気持ち悪い!!」

と、いかに汚れているか、実感してもらいました。

 

 

次に、3分間、自分なりに歯磨きしてもらい、

再度、確認して、磨けていない部分を赤く塗ってもらいます。

 

そして、歯科衛生士が歯の磨き方、

歯ブラシの持ち方、歯ブラシの当て方、歯磨きの時間、

歯磨きの順番など、色々と指導していきます。

 

 

一度聞いただけで、ちゃんとできる子はなかなかいないので、

かかりつけの歯医者で、再度、歯磨き指導を受けて下さいと、

私からお伝えして、この日は終了しました。

 

 

 

こういった活動が活発に行われ、

きちんとした歯磨きの習慣が身に付き、

虫歯や歯周病にならないよう、当院もお力になれればと願っています。

 

 

1歳半検診に行ってきました

年に1~2回ほど、検診の当番が回ってきます。

 

先日は1.5歳の歯科検診に

芦屋市保健センターに行ってきました。

 

 

その日は30名弱のお子様の歯を検査し、

お母様から質問など、気になる事を伺いました。

 

 

今回は虫歯になっている子がほとんどいなくて、

歯医者として、とっても嬉しかったです♪

 

 

ただ、お母様からお話を伺っていて気になったのは、

「上にお兄ちゃんやお姉ちゃんがいると、

この子もおやつを欲しがるので、あげてしまうんです…

これって大丈夫ですか?」と聞かれた事です。

 

 

実は、小さい頃からおやつをあげてしまうと、

その分、虫歯になりやすくなります!

 

理想的には、上の子だけおやつをあげる事でしょう、

ただ、実際問題、そう上手くいかないものです。

 

 

そこで、こういったアドバイスをしました。

「おやつは本当はあげてほしくないですが、

無理な場合は量を減らし、その後に、

歯をブラシやガーゼで磨いてください。」と。

 

そういったお母様の意識の違いが、

将来的にお子様の虫歯のリスクが変わってきます。

 

 

もし、おやつのあげ方や、仕上げ磨きの仕方など、

気になる場合は、歯科医院で是非聞いてくださいね。

 

 

私の矯正装置(インビザライン)が届きました。

以前、ブログに書いたのですが、

私自身の歯並びを改善するため、

マウスピース矯正(インビザライン)をしようと、

歯型を採り、メーカーに出していたのですが、

先日、ようやく手元に届きました!

 

まず入れることに慣れる為、

診察中に装置を付けることにしました。

 

 

スタッフに見てもらったのですが、

「全然目立たないし、言われないと分からないですね!」

と評価は上々♪

 

 

メーカーからは「22時間以上装着してください」と

指示が来ているのですが、22時間というのは、

実質、食事時以外、ずっと装置を入れておくという事です!

 

 

まあ、今までのブラケット矯正は自分で外せないので、

歯を動かすには、長い時間装着しておく必要があるという事ですね。

 

 

とりあえず、私のインビザラインを見てみたい方は、

是非お声掛け下さい(笑)

 

 

あしやいち、延期

台風18号、19号と2週連続で来て、

日本各地に大きな被害をもたらしました。

 

 

幸い、我が家や歯科医院では浸水などの影響は出ず、

台風が去ってから一安心していました。

 

 

しかし、13日に予定していた「あしやいち」が、

早い段階で延期が決まり、18日(土)に

開催されるそうです。

 

 

18日は診療があるため、今年はあしやいちに参加できないのですが、

個人的にはかなり楽しみにしていただけに、

参加できないのが非常に残念で仕方ありません…(/_;)

 

 

しかし、あきらめの悪い!?私は、

前以て「エラゴン」て美味しいご飯を食べ、

「アンブレイス」の美味しいパスタランチを食し、

「メツゲライクスダ」のソーセージを購入し、

さらには、近所のパン屋さんでパンを購入し、

あしやいち風の雰囲気を楽しむことにしました。

 

 

近々、お好み焼き「カギタ」にも伺う予定で、

18日に行けない分、しっかり色んなお店に

行こうと思っています。

 

 

 

 

矯正相談② 下の歯並びが気になる

前回に続き、今回も相談内容の多い症例の1つをご紹介し、

私なりのお答を書いていこうと思います。

 

 

 

前回は上の歯並びについてでしたが、

今回は下の歯並びについてです。

 

 

 

「下の歯並びが、ガタガタなんですが、

矯正しなくて大丈夫ですか?」という事を

よく質問されます。

 

 

歯の写真を撮らせてもらったので、

以下に掲載したいと思います。

PICT0005 - コピー

 

 

 

 

この写真では、真ん中の4本の歯が大人の歯です。

 

 

顎が小さく、大人の歯が大きいと、

写真のような歯並びに、どうしてもなってしまいます。

 

 

 

大きくなってから矯正治療することは可能ですが、

その場合、第1小臼歯という大人の歯を抜歯して

矯正治療することがほとんどです。

 

 

 

 

しかし、今の段階から矯正治療を開始すれば

トータルの矯正治療期間はかかってしまいますが、

抜歯せずに矯正治療することが出来ます

 

 

但し、全てのお子様・お孫様が抜歯せずに

矯正治療が可能ということではなく、

早い段階から開始すれば、

約90%のお子様・お孫様が、

抜歯せずに綺麗な歯並びにすることが出来ます!

 

 

 

前回の上の前歯の隙間は、

矯正治療を急がなくても大丈夫ですが、

下の歯並びがガタガタの場合は、

早期に治療を開始したほうがいい事が殆どです!

 

 

 

このように、歯並びの状態によって、

矯正治療を開始したほうがいい時期が異なってきます。

 

 

 

お子様・お孫様の歯並びが気になる方は、

是非かかりつけの歯医者さんで相談され、

適切な矯正治療開始時期を伺ってください。

 

 

 

 

 

 

矯正相談① 上の歯並びが気になる

最近、お子様・お孫様の歯並びについて、

相談を受ける機会が増えてきました。

 

 

今回は、相談内容の多い症例の1つをご紹介し、

私なりのお答を書いていこうと思います。

 

 

 

 

6~7歳頃に、上の前歯に大人の歯が生えてきます。

 

「その大人の歯が、歯並びが悪いのですが、

矯正しなくて大丈夫ですか?」という事を

よく質問されます。

 

 

歯の写真を撮らせてもらったので、

以下に掲載したいと思います。

PICT0012 - コピー

 

 

 

 

 

真ん中の2本の歯が、大人の歯です。

 

真ん中に隙間が空いていますね。

 

 

最初の前歯2本、大人の歯が出てくるときは、

隙間が空いていて、実はこれで正常なんです!

 

 

どういうことかというと、生えてきたばかりの上の前歯は

殆どの場合、隙間があいてしまいます。

 

 

では、いつになったら隙間が埋まってくるかというと、

さらに横に大人の歯が生えてくるときです!

実際には2~3年程、後の事ですが、

横に大人の歯が出てくるときに、以前生えていた大人の歯が

真ん中に寄ろうと、動いてきて、

その結果、隙間が埋まってきます。

 

 

ただ100%、全てのお子様で隙間がなくなるのではないので、

上の前歯が4~6本、大人の歯がしっかり生えてきても、

真ん中に隙間が空いていれば、

それから矯正治療を開始します。

 

 

大事なことは、今の状況から、将来どういったことが

起きる可能性があるか、しっかり専門家の意見を聴き、

矯正治療を考えられている場合には、

適切な時期に矯正治療を開始することです。

 

 

 

最近のお子様・お孫様は、顎が小さくなってきています。

ただ、歯の大きさというのは、昔からほとんど変わっていません。

その結果、歯並びが悪くなりやすいことがわかって来ています。

 

 

お子様・お孫様の歯並びが気になる方は、

是非かかりつけの歯医者さんで相談され、

適切な矯正治療開始時期を伺ってください。

 

 

 

 

生死を分ける、判断と行動

御岳山の噴火や、台風18号の強風など、

自然災害の怖さを感じずにはいられない日が続いています。

 

 

御岳山の噴火のニュースを見ていた時の事ですが、

噴火直後の、頂上付近にいた方々のとっさの行動に、

生死を分けることがあると報道されていました。

 

 

噴火直後、「これは危ない!」と、すぐに判断し

噴石から逃れるために、山小屋に避難したり、

大きな岩石に身をかがめるといった、

早急・的確な行動が生死を分けたのではないか?

という報道内容でした。

 

 

 

先日の広島での土石流も、甚大な被害が出てしまいましたが、

生存者に共通することとして、

「1階にいなかったこと」、「予兆を感じていた」

があったそうです。

 

 

土砂災害が起きた場合、避難場所までいけないと判断した場合、

まず非難すべきは高い場所なんだそうです。

垂直非難と言うそうです)

 

 

また、土砂災害時には独特の臭いや、

大きな音がするそうですが、

そういった変化を感じ取り、

すぐに非難するといった行動が

生死を分ける要因になったそうです。

 

 

自然災害を防ぐことはできない分、

迅速な判断と、的確な行動がとれるよう、

防災意識を高める事が必要だと痛感しました。

 

 

 

 

 

実はダイエット中です

当院が開業してから5年目を迎えていますが、

開業当初から比べると、私の体重が、

平均で1年に1kgずつ増えていきました。

 

「ちょっとここままだと、まずいかなぁ・・・」と思っていた所、

美味しいご飯を連日で、ガッツリ食べたところ、

当たり前の話ですが、さらに体重が増加してしまいました!!

 

 

 

36年間、生きてきた中で、MAXの体重になってしまい、

私の中で、「この体重を超えたらまずいかな?」という基準を

しっかり超えてしまいました(>_<)

 

 

 

そこで一念発起してダイエットをすることにしました。

 

 

 

とりあえず食生活を改める事から始めました。

 

 

目標を開業してから増えた分、4~5kgを落とすこととして、

2~3カ月、ちょっとした食事制限をしてきました。

 

 

すると、目標体重まで落とすことが出来たのです(^_^)v

 

 

ただ、以前の食生活に戻してしまうと、

あっという間にリバウンドしてしまいますし、

リバウンドどころか、さらに体重が増えてしまう場合もあるので、

ある程度、今の食生活を続けようと思っています。

 

 

 

食事制限と書きましたが、自分に無理しすぎないように、

甘いものを食べることもありますし、

友人や先輩に、ご飯に誘われれば、

その時はしっかり食べています!!

 

 

食事制限を継続するには、無理しすぎない事、

平日は食事制限し、週末は食べたいものを食べるなど、

メリハリをつけることが大事だと思っています。