2016年 8月 の投稿一覧

王将ではなく、OHSHOです

8月31日、芦屋にOHSHOが出来ました!

「王将」ではなく、「OHSHO」です。

 

もともとは京都の烏丸御池に、

女性客でも入りやすいように、というコンセプトで

今までの王将とは異なり、かなりオシャレな雰囲気にして、

1号店のOHSHOをオープンしました。

https://www.ohsho.co.jp/webcm/karasumaoike.html

 

 

今回、その2号店に当たるお店が芦屋に出来たんです♪

http://www.ohsho.co.jp/shop/ashiya_detail.html?a=shop_detail&shop_id=1035

 

 

といっても、烏丸御池店程の広さはないですが、

OHSHOの看板とブラックボードはありました♪

14192599_1220510021335164_2475023209453047261_n

14102606_1220510044668495_7668230897193958362_n

 

 

 

 

まだお店に行っていないのですが、

ひだまり歯科から南に徒歩10秒程度なので、

機会を作って行きたいと思います。

 

受け口を固定式装置で治す

先日、ブログで受け口の事を書かせてもらいました。

PICT0003-300x163

http://hidamari-dc.net/blog/archives/1756

 

 

今回は、その後の治療について書かせてもらいます。

 

 

実は、受け口というのは、2種類あって、

1つは下顎が前に出ている場合

もう1つは、上顎が通常の位置より後ろにあるために、

受け口のように見えている場合です。

 

 

上の写真は、受け口のように見えますが、

当院でレントゲンを撮ったりして検査したところ、

上顎が通常の位置より後ろにあるために、

受け口のように見えている状態でした。

 

 

そこで、まずは上の前歯を前に出す装置で、

治療をすることになりました。

 

 

今回は、保護者の方と相談した結果、

固定式装置を使う事になりました。

PICT0002 (2)

 

 

 

 

固定式の装置は、取り外しが出来ないため、

敬遠される保護者の方が多いのですが、

取り外しが出来ない分、より早く歯が動くという

大きなメリットがあります!

 

また、取り外しの装置は、なくすこともあるのですが、

固定式は、よっぽどの事がない限り、外れることはないので、

なくす心配もありません(笑)

 

 

 

ひだまり歯科では、矯正治療を行う場合、

固定式の装置がいいか、取外し式の装置がいいか、

相談した上で決めるようにしています。

 

 

ただ、歯並びの状態によっては、固定式しか出来ない場合などもあるため、

その点に関しては、ご理解頂ければ有り難いです。

 

 

セカンドオピニオン、歓迎します

毎日、多くの患者様が来られる中で、

最近増えてきたのが、「セカンドオピニオン」です。

 

 

セカンドオピニオンとは、今かかっている主治医以外の医師に

意見を求める事です。

 

 

最近、歯科治療が高度化し、インプラントや外科治療など、

手術による治療も増えてきております。

 

そういった手術という方法が、間違っていないのか、

他の方法はないのか? などと言った相談が

かなり増えてきています。

 

 

セカンドオピニオンで来られた場合、

当院で一通り検査して、私なりの治療方法や意見を

正直に、正確にお伝えするようにしています。

 

 

 

 

また、矯正治療の場合は、費用や期間が

医院によって異なる、という事をよく耳にします。

 

矯正治療に関しては、流派というか、

その先生方の得意な治療方法があるため、

医院によって治療器具や方法が異なることは、

実はよくあることなんです。

 

 

ただ、どのやり方がいいか悪いか、ではなく、

どの方法が納得できるか、

その医院や先生を信頼できるか、

という部分が大事なのではないかと思います。

 

 

 

 

先日、インプラント手術と親知らずの抜歯、

そして歯の根の先を切る手術をする、という方法が

心配になってこられた方がいらっしゃいました。

 

 

確かに、3つの手術を一気に行うと聞くと

患者様はビックリするのも当然かと思います。

 

ただ、治療する部分が近い場合は、

まとめて手術した方が、患者様の負担が少ない

というメリットがありますよ、ということをお伝えすると、

患者様は安心して手術が受けられます、と仰ってくれました♪

 

 

 

治療方法について気になる事などございましたら、

セカンドオピニオン、つまり違う病院で診てもらって、

お話を伺う事をお勧めします。

 

 

スポーツの最中に歯が真っ二つに折れた

リオオリンピックや高校野球が終わりましたが、

まだまだ暑い夏、暑い日が続きそうですね。

 

 

今回はスポーツの最中による、歯の外傷について書こうと思います。

 

 

 

先日、当院に来られた高校生の男の子。

 

クラブ活動中に前歯が折れてしまい、真っ二つになっていて、

痛がっているので診て欲しい、という事で来院されました。

 

 

折れた部分を確認すると、確かに歯が横に真っ二つでした…

(写真は参考資料です)

外傷-1

歯が折れただけでなく、よく診ると

歯の中央から出血がありました。

 

これは、いわゆる「歯の神経」です。

 

本来、歯の内側にあるはずの歯の神経ですが、

歯が折れたことで、歯の神経が露出している状態でした。

 

 

すぐに歯の痛みをとるために、歯の神経を取る処置を行いました。

 

 

 

外傷による歯の破折は、出来るだけ迅速に治療を受ける必要があります。

 

 

もし歯が大きく欠けたり、歯が割れたりした場合は、痛みがなかったとしても、

出来るだけ早く診てもらう事をお勧めします。

 

 

 

 

高槻の医院に見学してきました

先日の名古屋市にある「つゆくさ歯科」の見学に続いて、

今回、大阪府高槻市にある「ほほえみ歯科」に

知り合いの先生を合わせ、4人で見学に行ってきました。

http://www.hohoemi-dc.jp/

 

 

ほほえみ歯科は2016年に開業して、

まだ数カ月しか経っていないにもかかわらず、

多くの患者様が来られている事、

また訪問診療も行っている事、 など

今後の展開を見据えて開業しているという噂を聞き、

今回、見学に行ってきました。

CAM00180CAM00181

 

 

 

実は、ほほえみ歯科とひだまり歯科は、

偶然、依頼した設計士が一緒だったので、

医院の内装などは、結構雰囲気が似ていました♪

CAM00166CAM00040

 

 

 

今回、見学させてもらって気付いたのは、

開院して1年も経っていないにもかかわらず、

スタッフが全員テキパキ仕事をされていて、

とても素晴らしかった、ということです。

 

 

 

また、院長の松岡先生は31歳という若さにもかかわらず、

非常に多くのことを勉強されていて、多くの知識をお持ちだったので、

私自身ももっと多くのことを学んでいかなければ、

という刺激を受ける事も出来ました!

 

 

 

今度、医院見学に行くときは、私だけでなく、

スタッフとともに行って、一緒に勉強していきたいと思いました。

 

 

 

 

 

 

 

歯で車を引っ張る(マネしないでください)

「歯で車を引っ張る、そんなことが出来るの?」と

疑問に思ってしまいました。

 

その内容の記事がコチラ。

 

 

記事によると、2013年に車3台を引っ張ることに成功した方が、

今回、車4台を引っ張るイベントを行い、

見事成功し、ギネスブックに掲載される、という事でした。

 

 

確かに、歯には大きな力がかかっても耐えることが出来ますが、

歯が折れたり欠けたりすることも多いですので、

絶対に真似したりしないでくださいね(笑)

 

 

 

お盆休みの過ごし方

お盆の時期に合わせて、休診させてもらいました。

 

その期間に、お墓参りに行ったり、親戚一同と会ったり、

両親と食事したり(父の古希のお祝いをしたり)、

友人と食事したり、家内とご飯を食べに行きました。

 

 

 

焼肉が食べたくなった時は、芦屋川の「ジェット」に行きました。

http://tabelog.com/hyogo/A2803/A280302/28029500/

 

 

美味しいお肉の部位を、少しずつ食べられて、

しかもマスターが七輪で焼いてくれるので、

いい焼き加減のお肉が食べられます(^_^)

jet

 

 

 

 

また、講習会で知り合った先生にお願いして、

名古屋まで医院見学に行ってきました。

 

 

その歯科医院は、「つゆくさ歯科医院」

http://www.tsuyukusa-dc.jp/

 

 

歯周病の治療に力を入れている医院で、

今後、ひだまり歯科でも歯周病治療のシステムを一部変更したいと

考えていて、そのシステムの事を知りたくて見学させてもらいました!

 

 

それだけでなく、副院長やチーフの方、そして新人歯科衛生士さんと

ゆっくりお話しする時間があり、色々聞くことが出来て、

とっても参考になりました!!

 

 

 

また、名古屋まで行ったので、せっかくなので地元で評判の

うな丼のお店、「浅野屋」でうな丼を食べてきました♪

http://tabelog.com/aichi/A2301/A230112/23006256/

1471421467788

 

地元で評判なだけあって、とっても美味しかったです♪

うな丼を食べるために、また名古屋に行きたいと思ったくらいです!

 

 

4日間、休診させてもらいましたが、あっという間でした。

 

 

18日から、診療を開始するので、気合を入れて

仕事に取り組もうと思いました!

 

歯がボロボロでかめなかった症例

皆様、お盆の時期ですが、いかがお過ごしでしょうか?

 

私はお墓参りしたり、親戚と顔を合わせたりと

少しゆっくり過ごさせてもらっています。

 

 

今回は、頑張って通ってくれた患者様の事を書かせてもらいます。

 

 

患者様は70代の男性。

主訴は、歯がボロボロになり、かめなくなってきた、という事でした。

 

その当時の歯の写真です。

 

下の奥歯は、かなり虫歯が進んでボロボロでした・・・

PICT0013

 

 

上の歯は、奥歯ではなく前歯がボロボロで、

歯の原形がほとんど残っていませんでした…

PICT0014

 

 

この患者様は、歯がボロボロになってしまったことを

とても後悔されており、何としてでも治したい!という

強い思いがありました。

 

そこで、週に2回、必ず通院してもらい、

ほぼすべての歯に相当する20本以上の歯の治療を約8カ月間行いました。

 

 

 

 

治療後の、上の歯の状態です。

 

実は前歯だけでなく、奥歯もかなり虫歯が進んでいたため、

全ての歯を差し歯にすることにしました(中には数本、抜歯もしています)

PICT0021

 

 

 

そして、下の歯も数本、抜歯しましたが、

なんとか差し歯治療でかめるようになりました!

PICT0022

 

 

上下の奥歯に差し歯を入れた時は、

「先生、奥歯でしっかりかめるようになって嬉しいです!」

と仰ってくれました。

 

また、上の前歯に差し歯が入った時は、

「先生、綺麗な歯が入りましたね♪」と、

さらに喜んでもらえました(^_^)

PICT0018

 

 

今後は、この歯の状態を維持するために、

月に1回、通院してもらい、虫歯が再発しないよう、

しっかり歯のクリーニングを行っていく予定です。

 

 

ここまで多くの歯の治療をする事は滅多にないのですが、

何としてでも治して欲しいという、患者様の強い要望のおかげで、

短期間で治療を終えることが出来て、

そして患者様にとっても喜んでもらえたので、

私自身も非常に嬉しかったです(^_^)

 

 

 

歯の状態が安定してきたら、通院頻度が少なくなるようにしていきますが、

 

 

 

 

お盆休みのお知らせ

ひだまり歯科では、8月13日(土)の午後から、

17日(水)まで休診致します。

 

尚、当院が休診の間に、歯の痛みが出たり、

詰め物が取れてお困りの場合は、

芦屋市保健福祉センター内、歯科センターで

午前9:00~11:30まで対応してもらえますので、

一度お電話でお問い合わせのうえ、

歯科センターで応急処置をしてもらってください。

 

芦屋市呉川町14-9

0797-31-0658

 

 

反対咬合(はんたいこうごう)と言われたら

春の学校検診で、歯並びにチェックが入っている場合や、

あるいは、かかりつけの歯科医院で矯正が必要と言われたが、

かかりつけでは矯正治療をしていない場合は、

矯正治療を行っている歯科医院で、一度診てもらうべきです。

 

 

特に受け口の場合や、反対咬合(はんたいこうごう)と言われた場合、

早い時期に矯正治療を開始した方が、治りが早い事が多いです。

 

 

例えば、上の前歯より、下の前歯が前に出ている場合。

(これを反対咬合といいます)

PICT0003

 

 

歯科医院によって、使う装置の種類や、

治療期間、治療費などは異なりますので、

自分に合うと思う治療方法や歯科医院を選ぶことをお勧めします。

 

 

また、受け口だけでなく、ガタガタ歯並びにもなっている場合などは、

治療期間がどうしてもかかってしまいます。

 

 

 

歯並びが気になる場合、まずは歯科医院でしっかり検査してもらい、

どういった治療方法があるのか、聞くようにしましょう。