2016年 9月 の投稿一覧

前歯の歯並びをちょっとだけ治したい

9月も下旬になり、涼しくなるかと思えば、

蒸し暑い日もあって、なかなか涼しくなりませんね(^_^;)

 

 

さて、今回は上の前歯の部分矯正治療の事を書かせてもらいます。

 

 

ひだまり歯科では、歯並びが気になるという方が非常に多く、

前歯の歯並びや、奥歯の咬み合わせが気になる方など、

多数来院されます。

 

 

そんな中、中学生の女の子が、上の前歯の歯並びが気になる、

ということで矯正治療を希望されました。

 

 

 

治療前の歯並びがコチラです。

pict0002

上の前歯が少しだけ凹んだ位置にあります。

 

 

前歯がほんのちょっと、凹んでいるだけですが、

本人はとっても気になっていました。

 

 

そこで上の前歯のプチ矯正(部分矯正)を開始しました。

 

 

治療を始めて3~4ヶ月で、綺麗な歯並びになりました♪

pict0001

短期間で綺麗な歯並びになったことを、

患者さん自身がとっても喜んでくれました!

 

ただ、短期間で治した場合、放っておくと短期間で

元に戻ってしまう事がある為、そうならないよう、

経過をしっかり診ていく必要があります。

 

 

今後は、4~6ヵ月毎に経過を診ていく予定です。

 

 

 

最近、前歯の部分矯正を希望される方が多いのですが、

歯並びによっては部分矯正では対応できない場合もありますので、

その点はご理解頂ければ有り難いです。

 

 

 

 

銀の詰物を白くしたい

「虫歯治療が終わったら、気が付いたら銀歯になっていた…」

これは、患者様から結構聞く言葉です。

 

 

昔は、虫歯治療をする際、患者様にゆっくり説明する時間がなく、

歯科医主導のまま治療が進み、終わった時には銀歯になっていた…

ということが残念ながらあったそうです。

 

 

 

ひだまり歯科では、最初から保険のきく材質での治療を希望する方以外は、

虫歯治療には材質による違いがあること、

その違いというのは、見た目だけではなく、

耐久性や汚れの付き易さなども異なることを説明してから、

患者様の同意を得たうえで治療をするように心掛けています。

 

 

また、一度、銀の詰物が入ってしまっても、再治療すれば

他の材質に変えることが出来ることも説明しています。

 

 

 

今回、書かせてもらう患者様は、以前から銀の詰め物があったのですが、

見た目の改善や、咬み易さの改善を希望して、作り変えた症例です。

 

 

治療前のお口の中の状態です。

pict0006

下の奥歯に4か所、銀の詰物がありました。

 

 

 

今回は、この4つを白い材質に変えました♪

pict0008-2

見た目が良くなっただけでなく、

咬み易くなるよう、調整もしました。

 

また、白いセラミックは表面に汚れが付きにくいので、

今後、虫歯になりにくいというメリットもあります♪

 

 

銀の詰物が気になる方、咬み合わせが気になって作り替えたい、

という方は、一度かかりつけの歯科医に相談されることをお勧めします。

 

 

今月2回目の東京です

今年は東京でセミナーを受講する機会が多く、

月に1回は必ず東京に行ってます。

ただ、月に2回行くこともあり、

羽田空港や品川駅、東京駅の広さにも

少しずつ慣れてきたかな!? という感じです。

 

 

さて、今月2回目の東京。

1回目は2週間前に、歯の根の治療の

最新治療方法などを勉強してきました。

 

 

今回は、医院の経営に関するセミナーで、

今回のテーマは「就業規則」です。

 

 

歯科医院というのは、スタッフが5名以下の

小企業どころか、零細企業の部類に入る医院が

全国的に見て圧倒的に多いんです。

 

 

ひだまり歯科も、開業当初はスタッフ5名程度でしたが、

少しずつ増員していて、これからもっと増員していきたいと考えています。

 

 

そうなった場合、医院のルールを色々と決めておかなければ

ならなくなってきます。

 

 

今までだったら、私からスタッフ全員に伝える、

という方法で事足りていましたが、

人数が増えてくると、うまくいかなくなることもあります。

 

 

そこで、医院のルールをしっかりと決めておき、

特に就業規則に関しては、社会保険労務士と打ち合わせをし、

労働基準法を元に、整備することが出来ました。

 

 

実は、医院のルールを作るというのは、私自身、かなり苦手な分野でしたが、

社会保険労務士のアドバイスの下、しっかりと作り上げることが出来て

とても嬉しく思っています。

 

歯茎が腫れて痛い

夏の暑さから解放され、涼しい日が続いていますね。

 

ただ、夏の疲れが今頃になって出てきているのか、

最近、歯茎が腫れて痛い、という方が増えています。

 

 

今まで定期的に歯茎の状態を確認し、

歯茎の状態が安定していた方でも、

疲れがたまると、歯周病が進んで、歯茎が腫れてくることもあります。

 

 

 

歯茎が大きく腫れてしまうと、ハブラシするだけでも痛みがあり、

時には何もしていなくても激痛がある、という方もいらっしゃいます。

 

 

 

歯茎が腫れて気になる方は、出来るだけ早く歯科医院で

診てもらう事をお勧めします。

 

 

休日は家内の歯の治療

今週は祝日が2日もあったので、

少しゆっくり過ごすことが出来ました♪

 

 

祝日に、家内の治療中の前歯(仮歯)が取れたので、

急遽、治療することになりました。

 

 

休診日なので、ゆっくり治療することが出来ました。

 

 

実は、もうしばらく仮歯で様子をみて、

症状が落ち着いたら強化セラミックの歯を入れる予定です。

 

 

家内のOKが出れば、治療後の歯の写真をブログに出す予定です(笑)

 

久々のテニス三昧

18日、19日と連休でしたが、

皆様はどのように過ごされていたのでしょうか?

 

 

私は、久し振りにテニス三昧な日を過ごしました。

 

18日はスクールを2レッスン受講し、

その日の夜は、淡路島まで出かけて、家内と夕食を食べてきました。

(食事の為だけに淡路島まで行ってきました(笑))

 

 

19日はトリオ対抗戦という、スクール主催の

テニス大会に、テニス仲間と参加してきました。

%e3%83%97%e3%83%ac%e3%82%bc%e3%83%b3%e3%83%86%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b31

 

 

結果は自分たちの目標には達成できませんでしたが、

朝から夕方まで、ずっとテニスをしていたので

疲れたものの、とっても楽しかったです♪

 

1日ずっとテニスをしているのは、かなり久しぶりだったので、

明日からの筋肉痛が予想されます(^_^;)

 

 

試合に出ると、普段の実力を出し切れないとか、

もっと練習しなければ、という気持ちになれるので、

これからも時間を作って練習し、試合にも出たいと思いました!

 

 

 

 

 

抜歯してもマウスピース矯正できます!

ひだまり歯科では、矯正治療やインプラント治療、

セラミックなどの審美治療の相談が、

最近、急増しています!

 

 

今回は、マウスピース矯正の事を書かせてもらいます。

 

 

歯並びやかみ合わせが気になっている方に、

どういった治療方法があるのか、

また治療後の歯並びやかみ合わせがどうなるのか、

資料としてお見せすると、

「私もこんなふうに治りますか?」と聞いてもらえるのが

とても嬉しく思っています。

 

 

特にマウスピース矯正の場合、

「私のガタガタの歯並びでも、マウスピース矯正で治りますか?」

という質問がとっても多いです!

 

 

正直言うと、全ての方の歯並びでマウスピース矯正が可能かというと、

出来ない場合もあります。

 

しかし、最近はマウスピース矯正の適応症例が増えてきました。

例えばこちらの方。

123

 

 

 

この方は、ガタガタな歯並びと

全体的に出っ歯になっていることを

気にされていました。

 

そこで、ガタガタ歯並びと、出っ歯を治すために、

小臼歯を抜歯してからマウスピース矯正を行いました。

 

 

 

全てのマウスピースを使い終えた時の歯並びがコチラ。

pict0001pict0005pict0006

 

この方はマウスピース矯正にとても協力的だったため、

コチラの予想していた治療期間より、

早くキレイな歯並びにすることが出来ました!!

 

ただ、細かい所を診ていくと、

奥歯で少しかめていない部分があるので、

今後はかみ合わせが良くなるよう、

微調整をしていく予定です。

 

 

一昔前は、マウスピース矯正で抜歯は適応外と言われていたのですが、

マウスピース矯正の技術が進歩してきたこともあり、

適応症例が増えてきました♪

 

 

(歯並びは綺麗にしたいけど、矯正器具が目立つのは…)

という方に、マウスピース矯正はピッタリの治療方法と思っています。

 

 

 

歯並びが気になる方は、マウスピース矯正が出来るかどうか、

かかりつけの歯科医院で一度聞いてみてくださいね。

 

 

医院の床清掃

ひだまり歯科では、4ヶ月に1度、

業者の方にお願いして、床のワックスがけを

お願いしております。

 

 

今お願いしている清掃業者は、歯科医院の清掃を

数多くされているので、いつも安心してお願いしています♪

 

 

実は今回、いつもの倍、約6時間かけて清掃してもらいました!

 

 

というのも、一番初めの清掃の際、ワックスを4層もかけてもらい、

定期清掃では、ワックスの表面を綺麗にして、再度ワックス掛けする、

というものだったので、いつも診療後にお願いしていて、

時間が大体3時間ほどでした。

 

 

今回は、4層のワックスを一度全部剥がして、

再度4層のワックスをかけ直してもらったため、

いつもより時間をかけてもらいました。

 

 

 

その甲斐あって、医院の床はピッカピカ♪

cam00939cam00940cam00947

 

 

 

 

カメラの精度がイマイチなので

床のピカピカ具合が分かりにくいかもしれませんが、

いつも以上に綺麗にしてもらいました(^_^)

 

 

 

 

 

清掃業者の方から、

「ひだまり歯科さんは、いつも綺麗にされていますね。

特に洗い物をする場所がこんなに綺麗な医院、

なかなかないですよ!」と仰っていました。

 

 

実は、洗い物をする場所(消毒コーナー)は、患者さんから

見えないように設計している歯科医院が多いんです。

 

しかし当院では、あえて患者様から見えるようにしています。

 

その方が、我々が綺麗に掃除しようという気持ちになるからです!

 

 

これからもキレイな状態を維持できるようにしていきたいと思っています。

 

 

シンポジウムに参加してきました

9月10日、11日にペンシルバニア大学歯学部主催の

シンポジウムが4年ぶりに日本で開催されることになり、

どうしても参加したかったので、10日は医院を休診させてもらいました。

 

 

患者様には、ご迷惑おかけしたと思いますが、

最新の治療動向について勉強するため、ご理解ください。

 

 

さて今回行われたシンポジウムのテーマは、

「インプラント時代における、根管治療について」でした。

cam00784

根管治療とは、歯の根の治療のことで、

歯の神経まで進んでしまった虫歯を、

どう治療すれば、虫歯が再発せずに、歯が長持ちするか、

という事がシンポジウムのテーマでした。

cam00785

 

 

 

シンポジウムの会場はとっても広く、

多くの歯科医師が熱心に講演を聞きに来られていました。

 

 

ペンジルバニア大学歯学部の根管治療というのは

全世界の基準になっているほど進んでいて、

また、最先端の研究なども行われ、

日本から留学されている歯科医師もいるほどです。

 

 

2日間、みっちり根管治療の事を聞いてきて、

早速当院にも機器や道具を導入しようと思っていたのですが、

最先端過ぎるのか、どうやら日本での認可が

まだ出ていない物や、日本未発売の物も結構ありました(^_^;)

 

 

早ければ今年中に販売されたり、認可が下りるそうなので、

最新式の根管治療をひだまり歯科でも導入できればと思っています。

 

 

 

シンポジウムの帰り、羽田空港で少し時間があったので、

以前、マツコ・デラックスさんの番組で取り上げられていた、

「エアポートグリル&バール」でハンバーグを食べてきました♪

http://tabelog.com/tokyo/A1315/A131504/13114699/

cam00938

 

 

ハンバーグにナイフを入れると、中から肉汁が

ジュワっと出てくるという、ジューシーなハンバーグです!

 

このハンバーグを、滑走路を眺めながら食べるという、

とっても素敵な時間を過ごすことが出来ました(^_^)

 

 

しっかり勉強し、美味しい物も食べる、

充実した週末を過ごすことが出来ました!

 

 

 

 

 

 

 

 

インプラントを安心安全に手術できるために

最近、インプラントという、歯がない部分を補う治療法が

普及してきておりますが、

インプラント治療は手術が必要なので、

手術前にはしっかりした検査が必要です。

 

 

ひだまり歯科では、インプラントを行う予定の患者様には、

手術前にCTを撮影し、骨の量をみて、安全にインプラント手術が

行えるか確認するようにしています。

 

 

また最近は、インプラントをどの位置に埋入するか、

専用のソフトを用いて、シミュレーションも行っています。

 

 

シミュレーションで、安心安全に埋入できるか、確認した見本です。

12

 

 

 

ピンクの部分が、インプラントを埋入予定の位置です。

 

また、黄色い丸は下歯槽神経という、とっても大切な神経です。

この神経にインプラントが当たらないよう、

しっかり確認しておくことが大切です。

 

 

そして、シミュレーションのあとは、最新式3Dプリンターで、

シミュレーション通りに手術を行うための、マウスピースを作製します。

cam00773cam00774

 

このマウスピースと、専用のドリルを使う事で、

シミュレーション通りに手術を行うことが出来ます♪

 

 

 

手術後のCT画像がコチラ。

cam00767cam00768

 

 

 

 

シミュレーションした位置に、

殆どズレがなくインプラントが埋入できています!

 

 

 

ひだまり歯科では、この最新式のインプラントとマウスピースのシステムで、

安心安全にインプラント手術を行うようにしています。

 

 

インプラント治療を受けてみたい方や、

相談してみたいという方は、是非一度当院にお越し下さい。