2017年 6月 の投稿一覧

新人歓迎会、誕生日会、そして休日

先日、診療後に、4月5月入社の新人スタッフの

歓迎会を、ひだまり歯科近くの「KAGITA」で行いました。

https://tabelog.com/hyogo/A2803/A280302/28020202/

 

 

私以外にようやく⁉男性スタッフが入りました、

また勤務医の女性が2名、合計3名が仲間入りし、

現在、合計10名になりました!!

1498635544100

 

またこの日は、7月に誕生日を迎えるスタッフの

誕生日会も一緒にさせてもらいました♪

 

 

彼女は現在、阪大歯学部の学生ながら、

臨床の事を少しでも早く勉強したいと、

去年の夏から毎週土曜日に、当院で働きながら、

治療器具や治療法を学んでいます。

 

 

 

私自身、彼女のように、歯科医院でバイトしたいと

思ってはいたのですが、実際には出来ませんでした…(-_-;)

 

 

ただ、彼女の勉強っぷり、成長を見ていて、

コチラもいい刺激を受けています ^^)

 

 

 

 

 

歓迎会・誕生日会の翌日は休診日だったので、

西宮ガーデンズに行き、ランチやお茶して、

少しゆっくりさせてもらいました♪

CAM03029

 

このパンケーキ、私が食べる分です(笑)

 

 

自分でも「女子か!」と突っ込みたくなりますが、

たまに、思いっきり甘い物が食べたくなります♪

 

 

最近、暑さや湿度のせいか、疲れがなかなか取れなかったのですが、

たっぷりの睡眠と、たっぷりの栄養補給、そして甘い物を食べて、

疲れを吹き飛ばして、明日からの診療に臨みたいと思います!(^^)!

 

 

歯ぎしりに効く漢方 

昔と比べて、今は虫歯や歯周病が激減しています。

これは歯科医師にとって喜ばしい事なのですが、

健康な歯が増える分、別の疾患が出てくることがあります。

 

それが「歯ぎしり・くいしばり」です。

 

 

実は、歯ぎしり・食いしばりが原因で、

歯や顎が痛くなることが多いのですが、

自分で歯ぎしりを自覚している方はかなり少ないのです。

 

 

歯に痛みがあって来られた方には、虫歯や歯周病がないか検査します。

 

虫歯も歯周病もない場合は、歯ぎしりが歯の痛みの原因と考え、

歯ぎしりしていないか、歯の状態を良く診ます。

 

歯ぎしりしているかどうかは、歯の状態や、

舌や頬の状態、頬の付近の筋肉の触診などで確認します。

 

 

歯ぎしりしていることがコチラで確認できた時、患者さんに

「歯の痛みの原因は、歯ぎしりだと思われます」と伝えると、

「先生、私、歯ぎしりしていないですよ」

と言われることも多々あります。

 

ただ、歯や頬・舌の状態を見れば分かる事なので、

「自覚はないかもしれませんが、歯ぎしりしていますよ」と

伝え、歯の状態や舌の状態の事もお伝えします。

 

歯ぎしり・くいしばりが原因で歯や顎が痛い場合、

当院では、噛み合わせの調整やマウスピースなどで対応していますが、

私自身、今は歯ぎしりに効くと言われている、漢方を試しています。

 

それが「抑肝散」というものです。

粉 抑肝散錠剤 抑肝散

ツムラから出ているものは粉なので、

お湯に溶かして飲むと、比較的飲みやすいそうです。

 

ただ私がどうしても苦手意識があるため、

錠剤を服用しています。

 

 

説明書には、錠剤は食間に1回5錠、1日3回服用と記載していますが、

それだけ服用すると、力が入らなくなってしまうため、

1回の服用数を減らすようにしています。

 

 

抑肝散を服用してから、私は症状が少し楽になった気がしますが、

漢方は、症状や原因をしっかり分かった上で

服用しなければならないので、

歯ぎしりしている全ての方に合うかというと、

それは分かりかねます。

 

 

歯ぎしりが気になる方で、漢方に興味がある方は、

一度、ひだまり歯科のスタッフに聞いてみてください。

 

スタッフ研修 ~歯科衛生士編~

昨年はフリーランスの衛生士の方に

東京から当院まで来てもらい、

研修をしていました。

 

 

今年も6月から研修を再開しました。

 

 

今月は歯石を取る道具、キュレットの磨き方や使用方法について

教えてもらいました。

19401474_1548212921920061_1259384820_o19403540_1548212925253394_1675917714_o19451625_1548212935253393_1611180926_o

 

 

 

 

 

 

スタッフが熱心に聞いている姿を見て、

私も嬉しくなりました(^^)

 

 

治療の長期予後(longevity)について考える

週末にセミナーによく行く私ですが、

今回は東大阪市にある、本田歯科というところで、

歯科治療の長期予後(longevity)について勉強してきました。

 

 

会場の本多歯科。

実は初めての訪問でしたが、

場所がわからず、ウロウロしてしまいました(笑)

 

それくらい歯医者っぽくない入口です。

CAM02981CAM02982

 

 

 

今回、講師を務めた本多正明先生は、

御年72歳ですが、バリバリの現役!

 

しかも歯科界ではとっても有名な歯科医師の一人です。

 

 

そんな本多先生のお話が聞けるということで、

張り切ってセミナーに参加してきました ^^)

 

 

 

 

まず何より驚いたのは、本多先生の症例!

 

我々、若手の歯科医師が、治療の長期予後と言う時は、

せいぜい5~10年程度なのですが、

本多先生の場合、治療してから30年以上経過している

症例が多数ありました。

 

 

そんな本多先生の仰る「長期予後(longevity)に必要な事」などは、

説得力がありすぎです!!

 

 

治療が終わった状態を出来るだけ長く持たせるために、

また、もし何か悪くなったとしても

再治療の介入が楽に行えるようにする、

そういったことを踏まえて、初めにしっかり診断すること、

そして歯周病治療や矯正治療など、

多岐にわたり治療を行っていくこと、

等等、1日の講義があっという間に終わってしまいました。

 

 

あまりにも学ぶことが多いため、1日では学びきれないですので、

機会を作って、本多先生らが開催している講習会にも

是非参加して、もっと多くの事を学んでいきたいと思いました。

 

 

 

 

6月の医院研修

6月16日は休診にして、

一日スタッフ研修を行いました。

 

最近、患者数が増えてきているため、

本当は少しでも診療したいところですが、

スタッフの成長が必須の為、

一日休診させていただきました。

 

 

研修内容は、

・接遇や言葉遣いについて

・ひだまり歯科での治療方針や金額について

・歯型を採る練習

CAM02976

・採った歯型に石膏を流す練習(かなり採りました…)

CAM02972

 

またチーフやサブチーフは、今後のスタッフ教育の為の

マニュアルを修正してもらいました♪

CAM02977

CAM02970

 

お昼休憩ではポッシュドレーヴのプリンを食し、

スタッフ全員頑張ってくれました!

 

 

 

今日一日で、スタッフの成長を実感する事が出来て、

研修している方も嬉しくなりました(^^)

トリミング直後はフッワフワです♪

GWに家族でお出かけする前に

トリミングしていた、我が愛犬モカ。

http://hidamari-dc.net/blog/archives/2377

 

 

 

ただ1カ月もすると毛が伸びてボサボサに…(-_-;)

 

 

そこでトリミングをお願いしました。

 

 

トリミング直後は、毛がフッワフワになるので

触っているととっても気持ちがいいんです♪ ^^)

14974151868381497415188493

 

 

 

今回、新しいおもちゃをあげたら、

気に入って離そうとしません(笑)

1497421167192

 

気が向いたらインスタグラムにも投稿するかもしれません⁉

 

 

ガタガタの前歯をマウスピース矯正で治した症例

本日はガタガタの前歯をマウスピース矯正で

治療した症例を紹介したいと思います。

 

 

患者さんは30代の女性で、

前歯の歯並びが気になるという事で

当院に来られました。

 

 

治療前の歯並びの状態がコチラです。

PICT0002初診

PICT0005初診

PICT0006

 

上下ともに、前歯がガタガ

タしていて、

上は少し前に出ている、いわゆる出っ歯の様な状態でした。

 

 

患者さんと相談した結果、

歯並びは治したい、ただ針金を使った矯正はしたくない、

ということだったので、マウスピース矯正を

開始することになりました。

 

 

矯正治療をしながら、歯のクリーニングや

小さな虫歯治療も行いました。

 

 

矯正治療後の歯の状態がコチラ。

SHOFU DENTAL DIGITAL CAMERASHOFU DENTAL DIGITAL CAMERA

SHOFU DENTAL DIGITAL CAMERA

 

前歯のガタツキが治り、

全体的に綺麗な歯並びになっています♪

 

 

この歯並びが維持できるよう、

メインテナンスしながら、小さな虫歯治療なども

並行して進めていく予定です。

 

インプラント治療を1年半かけて行った症例

最近、院長ブログがグルメブログ化しているようですが、

ちゃんと診療もしていますし、

セミナーにも定期的に参加しています(笑)

 

 

今回は、ひだまり歯科でインプラント治療を行った患者を

紹介したいと思います。

 

 

患者は50代の男性。

当院に来られたきっかけは、歯周病で歯が抜けてしまったので

なんとかしてほしい、という内容でした。

 

その時のレントゲン写真と、歯の写真がコチラです。

PBN3391_151029183755(調整後)PICT0002PICT0005下PICT0007

 

実は右下の奥歯は歯周病が進み過ぎていたため、

自然に歯が抜けてしまったそうです(-_-;)

 

 

もちろん、それ以外の部分も歯周病の進行や

虫歯の進行が認められる状態でした。

 

 

患者さんとよく話し合いながら、治療を進めていった結果、

1年半かかってしまいましたが

患者さんは非常に満足してもらえました。

 

治療後のレントゲン写真と歯の写真です。

PBN3391_170610094204(調整後)

SHOFU DENTAL DIGITAL CAMERASHOFU DENTAL DIGITAL CAMERASHOFU DENTAL DIGITAL CAMERA

 

歯周病や虫歯が進みすぎた所は、

抜歯してインプラントを行いました。

 

 

本当はもう少し治療したいところもあるんですが、

今は症状がないため、経過を診ながら、

必要なタイミングで治療を継続する予定です。

 

 

今回は歯周病が進みすぎて、歯を支える骨が少なかったため、

インプラント手術と骨を増やす手術を併用しました。

 

 

インプラントした部分だけでなく、

残っている歯も長く使えるよう、

今後も経過を診ていこうと思っています。

 

 

インプラントのセミナー ~情報のアップデート~

休診日の日曜、梅田でインプラントのセミナーに

参加してきました。

 

 

前回、ブタで実習をしたセミナーの続きで、

http://hidamari-dc.net/blog/archives/2410

今回は、人工的な顎の骨の模型を使って、

骨が少ない方にインプラントをする場合の

骨増大手術について学んできました。

DSC01161DSC01162

 

普段からインプラント手術をする際、

必要なら骨を増やす手術も行っていますが、

セミナーを通じて、再確認できたり、

この方法も一緒にした方がいいな、など

今回も多くの学びがありました♪

 

また、海外ではすでに販売されているインプラントの物が

ようやく日本でも来月から販売されることになりました♪

(どうしても日本の薬事法は世界的に見て厳しいため、

薬事法の認可が通るまで期間がかかってしまうんです…)

 

そのアナウンスだけでなく、今回は「リグロス」という

最新の材料の紹介もありました。

DSC01225

 

私の母校である阪大歯学部の

歯周病専門の科で、研究が進められているという

噂は耳にしていたのですが、治験などを経て、

ようやく販売されることになりました‼

 

 

歯科業界という狭い世界ではありますが、

日々、最新の材料や情報などが出てくるため、

取捨選択が大変ですが、こういったセミナーに参加して

情報のアップデートなどを定期的に行う必要があると思いました。

こんがりシュー、食べ納め?

ひだまり歯科の近くにある、大好きなケーキ屋さん、

ポッシュドレーヴ。

 

来月からケーキの販売が未定という事で、

ちょっとお店に行ってみようと覗いたところ、

なんと!! 本日でこんがりシューが一旦終了と聞き、

迷わず購入しました!(^^)!

1497070035873

袋も撮影し、バッチリお店の宣伝してます(笑)

 

 

といっても、私が宣伝しなくても、

いつもケーキが売り切れています(^^)

 

 

こんがりシューは上品なクリームの甘さと、

サクッとした生地の食感がたまらない、

本当に美味しいシュークリームで、

今まで何度食べたことでしょう( *´艸`)

 

 

 

今月はまだケーキが買えるので、

また来週あたりにお店に行こうと思います♪