2018年 2月 の投稿一覧

セミナー修了証授与

2018年も日々学ぶため、講習会や学会、

研修会に参加しています。

 

 

去年から続けて受講しているセミナーの一つに

「自由診療研究会」というものがあります。

 

これは、日本の保険制度に縛られることなく、

患者さんの為に必要な検査を充分に行い、

病気の原因をしっかり究明したうえで

病気が再発しないような治療を行う、という研究会です。

 

 

日本には国民皆保険制度があるため、

患者さんの窓口負担が少なく済むという

素晴らしい制度があります。

 

 

しかし、歯科の分野に限ったことかもしれませんが、

保険適応で診療を進めていく場合、

虫歯の治療方法が限定的になったり、

材質も保険適応の金属を使用する必要があります。

(長期的に安定するセラミックは保険適応外です)

 

また、歯周病治療に関しては、歯周病の進行具合を検査し、

歯石がたまっている部分の歯石を除去して、

歯周病を治す、という流れになります。

しかし、重度の歯周病がある場合には、

保険適応の治療方法や材料では、治癒に限界があります。

 

 

また、もし1本、歯を失った場合、

保険適応の治療方法となると、

3本の銀歯や

bri-300x225

 

1本義歯しかありません。

denture_img05

 

ただ、長期的に見て歯が長持ちするためには

インプラント治療という選択肢が必要です。

img01

(しかしインプラントも保険適応外です)

 

 

自由診療というスタイルで治療する場合、

まず最初に検査をするのですが、

検査も

①虫歯の検査

虫歯菌の数、唾液の性情、ストレス検査、レントゲン検査

 

②歯周病の検査

歯周病菌の数、歯周病菌を顕微鏡で検査、ストレス検査、レントゲン検査

 

③噛み合わせの検査

歯型を採る、歯ぎしりや食いしばり・噛み癖がないか

 

④検査結果の情報提供と治療方針の相談

 

これらをしっかり行います。

 

特に噛み合わせの検査は、保険適応で治療を進める場合、

全く診てもらえないことが殆どです。

 

しかし、歯のトラブルは虫歯や歯周病だけでなく、

歯ぎしりや食いしばりによるトラブルも多いんです!

 

虫歯や歯周病のリスク、そして咬み合わせの検査から、

再発しないための治療法の提案が出来るのが

自由診療のメリットと言えるでしょう。

 

 

この自由診療は大学では学べないため、

今回、セミナーに参加しました。

 

 

またセミナーの終了証は、実際に学んだ検査方法を

患者さんに行い、症例発表をして

合格しなければ貰う事が出来ません。

 

 

先日、私は症例発表を行い、

無事に終了証を手にする事が出来ました♪

1518939990427

img332

 

この「自由診療」という方法で、

一人でも多くの患者さんの治療が出来るよう、

これからは医院のシステムを構築していこうと

思っていますので、楽しみにしていてくださいね。

 

 

バレンタイン

先日、2月14日はバレンタインデーでしたね。

 

 

私自身、かなりの甘党なので、チョコは大歓迎です!(^^)!

 

 

患者さんから可愛いチョコや、美味しそうなチョコを頂きました。

CAM03772

 

また、スタッフ全員からもチョコを頂きました( *´艸`)

CAM03771

 

抹茶好きの私の事をしっかり分かってくれて、

とっても美味しそうな抹茶のチョコ、

そして色んな味のチョコバーを頂きました♪

 

 

休憩時間に少しずつ食べるのがとっても楽しみです( ^)o(^ )

 

 

 

さて、チョコレートは食べ過ぎると虫歯になる、

そんな心配をされる方もいると思います。

 

 

確かにチョコレートには多くの砂糖が使われているので、

虫歯になりやすいかもしれませんが、

食べた後、しっかり歯磨きすれば全く問題ありません‼

 

 

また、期間限定で、当院ではキシリトール100%チョコレートを

販売しています。

 

キシリトールは虫歯になりにくいだけでなく、

虫歯予防にも効果があるため、とってもおススメです。

 

 

 

虫歯が気になる、でもチョコは食べたい、

そんな方はキシリトール100%チョコレートを

食べる事をお勧めします。

 

 

 

 

 

歯科衛生士の復職支援に協力しました

今、歯科業界では人手不足という問題に直面しています。

 

資格を持っている歯科医師や歯科衛生士は

資格を持っているにもかかわらず、歯科業界で仕事を

していない方が多いそうです。

 

特に女性の歯科医師や歯科衛生士は、結婚や出産、育児など

人生の節目で退職し、そのまま資格を活かすことなく

仕事をしない、という事があるかと思われます。

 

 

ただ、例えば子供が大きくなり、子育てが落ち着いたので

もう一度、仕事をしたい!  そう思われる方も少なくないようです。

 

そんな方に、少しでも歯科業界で活躍して欲しい、

そういう想いから、兵庫県などでは、歯科衛生士の

復職を支援する動きがあります。

 

 

長らく歯科業界から離れていると、

最新の治療方法や治療器具など、

分からないことが多くあるため、

余計に復職しにくい、と思われるそうです。

 

 

そこで、今の歯科業界の動向や、

最新の治療方法、治療器具など、

知識と技術を習得してもらうための講座があります。

 

その講座の中には、実際に歯科医院を見学し、

最新の器具や治療法を見てもらう時間があります。

 

実は、ひだまり歯科では復職支援の一環の、

最新の歯科医院の見学、のお手伝いをさせてもらっています。

 

 

 

実は去年もしていたのですが、今年も是非お願いしたい、

と依頼があったため、快諾しました♪

 

 

 

実際には、約1時間しか時間がない為、

当院にお越し頂いてから、10分程、私から

最近の歯科業界の事や、最新の治療法など

ザックリと説明させてもらいました。

 

その後、チーフの西田が案内し、器具や設備などを

見てもらいながら質疑応答を行ないました。

CAM03756 - コピー

 

CAM03760 - コピー

 

今回、見学に来られた歯科衛生士の方は、

現場から10年や20年以上離れていたそうで、

当院の設備や治療器具に興味津々!!

 

私が準備した資料を見ながら、かなり多くの

質問があったそうで、私も西田も嬉しかったです。

 

 

当院が、少しでも人出不足解消にお手伝いできるよう、

これからも依頼があれば、是非復職のお手伝いをしたいと思います。