2018年 11月 の投稿一覧

前歯の部分矯正 患者さんのインタビュー付

朝晩がめっきり寒くなってきましたが、

皆様は体調を崩されたりしていませんか?

 

インフルエンザも流行ってきているようで、

当院スタッフはワクチンの接種をしてきました。

 

これでインフルエンザにならないわけではないですが、

少しでも安心して働いてもらえるのでは、と思っています。

 

 

 

さて今回は、当院で行った、前歯の部分矯正について

ブログを書こうと思います。

 

 

ひだまり歯科では、成人の方には見た目がよく、痛みが少ない

「マウスピース矯正」を推奨していますが、

見た目や痛みは気にしない、また少しでも費用を抑えたい方には

針金(ブラケット)を使用した矯正治療も行っています。

 

 

今回、針金(ブラケット)を使用した矯正治療を受けられたのは

40代の女性の方です。

 

治療前の歯並びがコチラ。

SHOFU DENTAL DIGITAL CAMERA

SHOFU DENTAL DIGITAL CAMERA

SHOFU DENTAL DIGITAL CAMERA

SHOFU DENTAL DIGITAL CAMERA

 

右上の前歯がかなり内側に入り込んでいます。

また、下の前歯も少しガタガタしています。

 

 

正直、部分矯正で治療するには難しい歯並びだと思いましたが、

患者さんの強い要望もあったので、

針金(ブラケット)を使った部分矯正を開始しました。

SHOFU DENTAL DIGITAL CAMERA

針金を付けるだけでなく、1本1本の歯が大きかったので、

歯と歯の間を0.4mm程度、削ることで

歯の大きさを整える事にしました。

 

 

治療を開始して1年弱で、ここまでの仕上がりになりました♪

SHOFU DENTAL DIGITAL CAMERA

SHOFU DENTAL DIGITAL CAMERA

SHOFU DENTAL DIGITAL CAMERA

SHOFU DENTAL DIGITAL CAMERA

 

治療期間が約1年、

費用が45万円+税と、

2週間に1回の調整料がかかりました。

 

 

治療が終わって、改めて患者さんにインタビューをしたので、

その内容を紹介したいと思います。

 

 

Q:当院に通うまで、他の歯科医院での治療はいかがでしたか?

A:以前、友人の御主人が歯医者をしていたので、そこに通っていた。

ホワイトニングをしたいと言ったら、

歯並びが悪いのに…と言われてショックだった。

また、別の歯科医院にも通っていたが、

その歯科医院では矯正治療をしていなかったんです。

 

 

Q:当院を知ったキッカケを教えてください。

A:友人から「ひだまり歯科、いいよ♪」と聞いて、

それからHPを見て、行きたいと思いました。

 

 

Q:当院で検査を受けて、治療計画を聞いた時、いかがでしたか?

A:今まで何件か、歯並びが気になるので相談に行ったが、

金額や期間の話しばかりで、実際に治療方法について

詳しく説明がなかった。

ひだまり歯科では、治療方法について詳しく説明してくれたので、

安心して治療に通えると思いました。

 

 

Q:当院で矯正治療を受けようと思ったきっかけを教えて下さい。

A:ずっと歯並びが気になっていて、矯正したいけど、

「今さら…」と思ったり、「でも…」の繰り返しで、

子供も矯正しているし、思い切ってしてみました。

今さらとか言われるのが嫌だったので、誰にも言わず、

矯正したら周りにすごく驚かれました。

 

 

Q:治療を受けるにあたり、不安はありませんでしたか?

A:不安より期待の方が大きかったです。

毎回、歯医者に調整に来るのが楽しみでした。

ひだまりロスになりそうです。

 

 

Q:治療中、困ったことはありませんでしたか?

A:特に痛みもなく、困ったことはなかったです。

子供達の床矯正の時、キノコ類が食べにくいと言われていましたが、

それを実感することが出来ました。

矯正途中で、咬み合わせが分からず、頬がこけて気になり、

ネットで調べたら、あるあるの事だったので、

特に心配もなかったです。

 

 

Q:治療が終わって、ご自身の歯を見て、どう思われましたか?

A:思っていた以上の仕上がりで、大満足です。

もっと早くから始めればよかったです。

モテ期が来ているみたい(笑)

笑顔の写真をたくさん撮りたいです。

肌の次は歯、40代だからこそ、きちんとキレイにしていたいと

女性であれば誰もが思うはず。

本当に良かったなぁと思いました。

 

 

Q:実際に治療を終えて、今のお気持ちはいかがですか?

(知人に当院での治療を紹介しますか?)

A:1日でも早く歯並びで悩んでいる方にお勧めしたいです。

40代からの矯正、正直勇気がいりましたが、矯正して良かったです。

 

 

 

以上が、治療を受けられた患者さんのインタビューの内容です。

 

こういった治療を多くの方に受けてもらえれば私も嬉しく思います。

 

歯科検診ではどうしても歯並びが気になります…

気が付けば1カ月以上もブログを更新してしていませんでした…

 

身内からは、「全然書いてないけど、忙しいの?」とか、

「ちゃんと生きてるか?(笑)」と言われる次第で…(-_-;)

 

確かに、ここ最近は忙しくしていましたが、

ブログの書き忘れは、ネタ探しをしているうちに

書き忘れていましたね…

 

反省しています。

 

 

さて、今回は秋の歯科検診について書かせてもらいます。

 

芦屋市の小学校では春と秋に歯科検診を行っています。

 

春の検診では、1本1本の歯で、虫歯がないか記録をとり、

歯肉炎になっていないかの確認、

歯並びが悪くないか、咬み合わせが悪くないか、

顎関節に問題がないか、と多項目に渡り検査します。

 

秋の検診では、春の検診で治療が必要と言われた部分が

キチンと治療をされているか、

また新たな虫歯が出来ていないか、

歯肉炎になっていないか、などを検査します。

(秋の検診では、歯並びや咬み合わせ、顎関節の状態は省略されます)

 

 

ここ最近、虫歯になっている子は激減しているのですが、

歯磨きがキチンと出来ていなくて歯肉炎になっている子、

歯並びや咬み合わせが悪い子は、何となく以前より増えているのではないか?

とさえ思ってしまいます。

 

 

特に歯並びに関しては、前歯がガタガタだと、

見た目が悪いだけでなく、将来的に虫歯や歯周病になりやすい為、

当院では早めに治療することをお勧めしています。

 

 

歯並びに関しては、当院でも非常に問い合わせが多く、

お越し頂いた殆どのお子様、保護者の方には、

矯正治療の必要性をお伝えしています。

 

 

ただ、矯正治療となると費用がかかる、

期間がかかる、また針金などの矯正装置が必要になる、

などなど、矯正治療を躊躇してしまう要素が多くあります。

 

 

実は、私自身、小さい時から歯並びが悪かったのですが、

タイミングが合わず、大学生の時に矯正治療を受けました。

 

当時は当たり前でしたが、小臼歯を抜歯して、針金装置の矯正治療を受けました。

 

もし自分の歯並びが悪い場合、今ならどうするか?と考える事があります。

 

ちなみに今の技術なら、小学生の時から矯正治療を開始する、

また小臼歯を抜歯することなく治療が出来ます。

さらに、痛みのある針金矯正治療ではなく、別の装置で

歯並びを治す事が可能です!

 

 

当院にお越し頂いた方には、早期に矯正治療を開始するメリットデメリット、

またどういった装置を使用するのか、お子様の歯並びに合わせた装置を、

可能であれば実物を見てもらいながら、治療方法を提案しています。

 

 

お子様、お孫様の歯並びが気になる、特に前歯のガタガタが気になる場合、

小学生のうちに、早期に矯正治療を始める事をお勧めしていますので、

是非、お近くの歯科医院で歯並びの相談をしてみてくださいね。