抜歯してマウスピース矯正した症例

夏休みに入って、お子様の歯並びの相談をよく受けますが、

その時に、保護者の方の歯並びの相談もよく受けます。

 

 

「親子そろって歯並びが悪くて…」と言う方がいますが、

実は、歯並び自体は遺伝しません。

 

 

ただ、歯の大きさや顎の大きさなどは遺伝しやすく、

結果、似た様な歯並びになってしまっていることが多いです。

 

 

 

今回紹介するのは、現在、親子で矯正治療している方で、

お母様の歯並びを、抜歯して矯正治療した症例を

紹介したいと思います。

 

 

 

初めて来られた時の歯並びがコチラ。

PICT0029

PICT0032

PICT0034

上下ともに、かなり歯並びがガタガタで、

八重歯っぽい状態になっています。

 

ここまでガタガタだと、抜歯せざるを得なかったため、

抜歯して矯正治療することになりました。

 

また、針金を使った矯正器具は見た目が悪く、

とても痛い、と聞いていたそうで、

今回は、矯正用のマウスピースを使って

歯並びを治すことになりました。

 

 

抜歯して、マウスピース矯正をすること2年弱。

 

患者様がしっかりマウスピースを使っていたことで、

ここまで綺麗な歯並びにする事が出来ました♪

SHOFU DENTAL DIGITAL CAMERA

SHOFU DENTAL DIGITAL CAMERA

 

 

SHOFU DENTAL DIGITAL CAMERA

 

 

以前とは全く違うと言っていいほど、

綺麗な歯並びになりました♪

 

 

ただ、細かい部分でもう少し修正が必要なため、

再度、歯型を採って、仕上げのマウスピース矯正を

行っていくことになりました。

 

 

 

マウスピース矯正では、仕上げの段階で、

少し期間がかかることがあります。

 

 

ただ、綺麗な歯並びと、しっかりした咬み合わせに

していくには、仕上げが必要なことが多いです。

 

 

この患者様は、もう少しだけ治療を進めていこうと思います。

 

 

かなり凹んだ前歯を治した矯正治療

先日のブログで、矯正治療の適正開始時期について

書かせてもらいました。

http://hidamari-dc.net/blog/archives/2579

 

 

また、その適正時期を過ぎた場合の

矯正治療の方法についても書かせてもらいました。

http://hidamari-dc.net/blog/archives/2587

 

 

 

今日は、矯正治療適正時期を過ぎてから

治療を行った症例について書かせてもらいます。

 

 

 

患者さんは20代男性。

 

上の前歯の歯並びが気になるという事で

ひだまり歯科に来られました。

 

 

最初の歯並びがコチラです。

SHOFU DENTAL DIGITAL CAMERA

上の前歯がかなり凹んでいるのが

分かるでしょうか?

 

実は下の歯並びもあまり良くないのですが、

本人が、上を治してほしい、という希望だったので、

今回は、上の歯並びだけ治すことにしました。

SHOFU DENTAL DIGITAL CAMERA

 

 

 

歯のガタツキが大きかったため、8カ月程度かかりましたが、

なんとか綺麗な歯並びにする事が出来ました♪

SHOFU DENTAL DIGITAL CAMERA

凹んでいた歯を前に出すだけではなく、

斜めに生えているような感じの前歯も

一緒に治す事が出来ました!

 

 

患者さんにもとっても喜んでもらえたので、

私も治療して嬉しくなりました ^^)

 

 

 

今は夏休みという事もあり、お子様の歯並びの相談が増えています。

 

また、お子様だけでなく、大人の方の矯正相談も非常に増えています。

 

 

 

歯並びが気になる方は、かかりつけの歯科医院で

一度相談してもらう事をお勧めします。

 

インプラントの治療費について

最近、インプラント治療を希望される方が多く、

また、治療費についてたくさんご質問を頂きます。
HPにも治療費が掲載されてますが、

少しわかりやすく解説したいと思います。

 

・精密診断

まずはインプラント治療を行う際には必ずCTでの精密検査を行います。

通常の基本検査のパノラマレントゲンでは2次元データでしかないので、

手術のプランニングの為にも3次元データは必須です。

CTの撮影は、インプラントをする予定の方は

特に費用は頂いておりません。

 

 
・ガイデッドサージェリー 50000円(税別)

インプラント手術を安全に行うための

手術用のマウスピースを製作します。

費用は少しかかりますが、手術を安全に

そして確実に成功させるためには必須です!

 

 

・インプラント埋入手術 250000円~(税別)

骨の中外科手術でインプラント体を埋入固定します。

(但し、骨のダメージが大きな場合は、

骨補填が必要になるため、

その場合は別途、追加料金がかかります)

 

 
・アバットメント 50000円(税別)

インプラント体と差し歯(上部構造)をつなぐ

中間構造体をアバットメントと言います。

 

臼歯部は基本的にチタン製で、前歯はジルコニア製です。

 

 

・差し歯(上部構造) 100000円~(税別)

ひだまり歯科クリニックでは、差し歯は基本、

強化セラミックを使用しています。

(前歯も奥歯も全て審美性が高く、

強度もあるオールセラミックを使っています。)

 

 
以上が基本的なインプラント治療費です。

まとめると治療費のみで450000円(税別)。

 

但し、骨のダメージが大きな場合は、

骨補填が必要になるため、

その場合は別途、追加料金がかかります。

 

 

450000円と言うと、かなり高価な金額ですよね。

 

本来70年以上使うはずだった、

大切な歯を何らかの理由で失って、

他の歯に負担をかけず、最も天然歯に近い回復が

得られるとなるとどうでしょう。

 

 

30年先まで使うと考えたら1年で15000円。

1か月なら1250円です。

 
高いものを安く見せるために、

よく1日コーヒー1杯分と言いますが、

贅沢な買い物ではない自分の健康への投資と考えたら、

450000円は高いですか?

 

健康管理のために、どれだけの費用をかけているか?

美しくなるために、どれだけの費用をかけているか?

 
咀嚼(そしゃく:かむこと)という、

人が生きる上で最も大切な「食べる」という事に必要不可欠は歯。

 
顔の中で最も動く部分で、

相手に与える印象に大きな影響がある口元や歯。

そう考えてみたらどうでしょう?

 
欧米の方と比べると、日本人はあまりにも歯の事を

軽視しがちです。(歯並びも同様です)
もちろん虫歯にせずに今の健康な歯を守ることが先決ですが、

残念ながら保存不可能になり、抜歯しなければならなかったときの話です。
もしもインプラントにせずにセラミックブリッジにしたら。

費用は100000円の3本分で300000円になるので、

インプラント治療の費用と差があるかもしれません。

ただブリッジの場合は、前後の歯をかなりの量、

削ることになりますし、

何と言っても3本がつながった状態になってしまいます。

 
もちろん様々な理由でインプラント治療が

できない場合もあるかもしれません。
しかし、できれば歯を失なってしまった場合は

インプラント治療を第一選択にしてほしいと思っています。

 
健康な歯をできるだけ削らない、触らないためにも

そう思います。

 

 
ではインプラント治療は、どこの歯科医院で

治療を受けても同じでしょうか?

 

食べ物と同じで、材料が一緒でも

料理人によって、結果は大きく異なります。

 
単純に治療費の比較だけではなく、

上記のような重要ポイントをしっかり把握したうえで、

たくさん質問して、疑問点を解決して、

信頼のおける歯科医院・歯科医師を、

是非見付けて下さい!

 

 

ちなみに20年前、インプラント治療費って1本いくらだったか?

 

たしか80~100万円位だったと記憶しております。

 

 

たくさんの人が行うようになって半分以下になったんですよね。

たかだか20年くらい前の話です…(-_-;)

 

7月の医院研修

7月28日は休診にして、

一日スタッフ研修を行いました。

 

最近、患者数が増えてきていて、

しかも、夏休みという事もあって、

お子様が沢山来られている中、

本当は少しでも診療したいところですが、

スタッフの成長が必須の為、

一日休診させていただきました。

 

 

研修内容は、

・初めて来られた方へのカウンセリング

CAM03118

CAM03116

 

2グループに分かれて、カウンセリングの

レベルアップをしました。

 

 

・以前の研修の確認と相互実習

CAM03119

以前、衛生士の方による研修を行ったのですが、

その確認と相互実習を行いました。

 

 

また、患者数の増加とともに、

カルテの収納スペースを確保するため、

カルテ庫の整理整頓もしました。

 

 

今日一日で、スタッフの成長を実感するとともに、

明日からの臨床に活かしていきたいと思っています。

 

 

矯正治療の適正開始時期を逃すと…

先日、ブログで小学生までのお子様の

矯正治療を考えられている場合、

歯並びによって矯正治療の適正開始時期が

異なることを書かせてもらいました。

 

その影響からか、ひだまり歯科では

お子様・お孫様の歯並びの相談が

非常に多くなっております。

 

 

 

ちなみに、矯正治療の適正時期とは、

何を意味しているのか、

また、その時期を逃してしまった場合

どういったことになるのか、

ということを本日は書かせてもらいます。

 

 

まず、矯正治療の適正開始時期についてですが、

例えば、「ガタガタ歯並び」の場合。

SHOFU DENTAL DIGITAL CAMERA

この場合、ひだまり歯科では6歳頃を目安に

矯正治療を開始していますが、

もしその時期を逃した場合、どうなるかというと、

大人になってから矯正治療する場合、

 器具を付けている期間が長くなり、

 痛みを伴う事がほとんどである。 

PICT0001

 

 

ほとんどの場合、小臼歯の抜歯が必要になる

PICT0005

 

③矯正治療しない場合、歯並びが自然治癒することはない。

その結果、歯並びが悪い部分は、歯磨きしづらく

虫歯や歯周病になりやすい。

また、見た目が悪く、海外の方と仕事をする場合、

歯並びが悪いだけで、信頼されにくい事がある

 

 

 

先日、G7サミットのニュースを見ていた時、

海外のトップは、必ずと言っていいほど、歯並びが綺麗です。

また、特にアメリカ大統領はセラミックの

差し歯が入っています!

 

 

ところが、日本の首相は…歯並びがガタガタ(>_<)

 

 

日本は先進国と言われていますが、

歯の状態、口腔内の状態だけを見ると、

先進国と言ってはいけない程、

日本人は歯に関して意識がまだまだ低く、

歯並びがガタガタでもまったく気にしないんです。

 

 

歯科医師として、歯に関する啓蒙活動の必要性を感じていますが、

当院に通っている患者さんには、

お子様・お孫様の歯並びが気になる場合、

適正な矯正治療開始時期をお伝えしています。

 

 

もし、かかりつけの歯科医院が矯正治療をしていない場合は、

紹介してもらえる矯正歯科があるか、

聞いてみてくださいね。

 

 

 

 

 

矯正治療の適正開始時期(小学生まで)

もう既に夏休みになっている学校もあるようで、

最近、多くのお子様が来られています。

 

また、保護者の方が治療に来られた際、

お子様の歯並びの事で相談を受けることも多々あります。

 

 

 

矯正治療の開始時期や用いる治療器具、

治療方法は先生や医院によって異なることが多いです。

 

なので、ここでは、ひだまり歯科の基準を

お伝えしようと思います。

 

 

歯並びの相談で一番多いのが、「ガタガタ歯並び」です。

SHOFU DENTAL DIGITAL CAMERA

 

多くのお子様が、顎が小さく、歯が大きいので

どうしても歯並びがガタガタになってしまいます。

 

 

ひだまり歯科では、ガタガタ歯並びは、

「6歳頃」を目安に治療を開始しています。

 

また、上の歯の出っ歯の治療も

「6歳頃」、あるいはもう少し経ってから

治療を開始しています。

 

 

 

次に多い相談が「受け口」です。

PICT0011

 

この場合は、ガタガタ歯並びより早い時期から

治療を開始することが多く、「4歳頃」を目安に

治療を開始しています。

 

 

あと、意外と⁉多いのが、上の前歯の真ん中のすきっぱです。

PICT0010

 

この場合、実は矯正治療しないことが多いです!

というのも、ある程度大人の歯が揃ってくると、

自然にすきっぱが治ることが多いからです。

 

ただ、中学生以降になってもすきっぱが残っている場合は、

すぐに矯正治療を開始することがあります。

 

 

 

周りのお友達がしているから、というキッカケで

矯正治療を希望されるお子様が多いのですが、

歯並びは色々なので、治療方法や開始時期が

一緒とは限らないです。

 

 

もしお子様の歯並びが気になる場合は、

かかりつけの歯科医院で相談し、

矯正治療が必要かどうか、

また矯正治療はいつからすればいいか、

聞いてみるようにしてください。

 

 

小学校の歯科検診で抜歯?

ヤフーニュースを見ていたら、

ビックリするような記事が掲載されていました‼

 

「同意得ず 30人の乳歯抜く 小学校の歯科検診」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170713-00000060-mbsnewsv-l28

 

 

 

兵庫県姫路市で、小学校の歯科検診の際、

グラグラだった乳歯を抜歯した、という内容でした。

 

 

この記事で、何が問題かというと、

抜歯は治療行為にあたるので、

カルテなどの診療録に記録する必要があります。

 

 

また、抜歯前に、本人や保護者の同意を取る必要があります。

 

などなど、多くの問題が出てきてしまいます…

 

 

(ちなみに、技術的な部分でいうと

グラグラの乳歯とはいえ、抜歯をする場合、

麻酔をする必要があります。

 

また、抜歯後はガーゼなどを噛んで

圧迫止血する必要もあります。)

 

 

小学校の歯科検診では、多くの子供を、

限られた時間で診る必要があるため、

抜歯する時間など到底ありません!!

 

なので、いろんな意味で今回の記事を見て

私は驚きました(>_<)

 

 

 

ちなみに、芦屋の歯科検診では抜歯することは

絶対にありませんのでご安心ください(笑)

 

 

また、乳歯がグラグラして食事に支障をきたした場合は、

歯科医院で抜歯してもらう事をお勧めします。

 

 

患者ごとのグローブの交換について

最近、歯科関連の記事をよく見かけます。

 

その中で、歯を削る器具(ハンドピース)の滅菌の事や、

患者ごとにグローブを交換しているかどうか、

歯科医院にアンケートを取った結果が掲載されていました。

https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20170703-OYTET50049/

 

 

 

ひだまり歯科では、患者ごとにグローブの交換だけでなく、

使用器具の滅菌、消毒を徹底しています。

(本当は、こういったことを改めて言うのもおかしい、

と考えてしまいますが…)

maxresdefault(ハンドピース用高速滅菌機)

 

 

そのため、グローブはかなりの数の在庫を確保しています。

CAM03048

ちなみに、1.5歳検診や3歳検診での歯科健診の時でも、

私は普段使っているグローブを持参し、

患者ごとに替えるようにしています。

(費用は私持ちですが…)

 

 

ただ、一昔前(かなり前?)は、検診の時はミラーが2~3本しかなく

使うたびに消毒薬に浸していたそうです。

また、グローブではなく、素手で検診し、

手を都度洗う、というのが一般的だったそうです。

 

 

 

器具の滅菌やグローブの事など、何にしろ

歯科関連の事が記事になるという事は、

それだけ歯科に興味がある方が増えている、

あるいは、滅菌などの事を意識されている方が

増えている、という事だと勝手に解釈しています(笑)

 

 

 

 

ひだまり歯科では歯科助手や歯科衛生士など、

一緒に働いてくれる方を募集していて、

採用前には必ず医院を実際に見てもらうようにしています。

 

その際、器具の滅菌の事を説明するのですが、

「ここまでされているのですか?」と驚かれることも多々あります。

 

また、ディスポーザブルにできる器具のことも説明すると、

さらに驚かれることもあります。

 

 

正直なところ、器具の滅菌やディスポーザブルの器具を増やすなどは、

コストや手間が、かなりかかる部分もあります。

 

ただ、自分が治療を受ける側になった時の事を考えると、

手抜きする事は出来ません!!

 

 

 

これからも今の滅菌システムを維持しながら、

ディスポーザブルにできる器具を増やすなど

よりよい医院環境を作っていきたいと考えています。

 

 

 

同門会からの焼肉「味楽園」

最近、週末にスーツが欠かせません(^_^;)

 

この週末は、私が大学院生時代にお世話になった、

阪大歯学部保存学教室の同門会に参加してきました。

 

 

お世話になった多くの先生方とお会いし、

近況報告や情報交換が出来て、

有意義な時間を過ごすことが出来ました♪

 

 

 

そして夜は、妻と出屋敷駅近くの「味楽園」に行ってきました。

https://tabelog.com/hyogo/A2803/A280304/28001406/

 

 

味楽園という名の焼肉屋さんは数件ありますが、

店長さんのキャラが好きなので、

私は出屋敷に行くようにしています。

 

 

今回はキムチ盛り合わせ。

19756766_1570468539694499_7209505262199316153_n

 

ソルト・タンという絶品のタン!

19756528_1570468573027829_3133634758511704873_n

 

ネックと、ホルモンのコリコリ♪

19748515_1570468656361154_1320431257839827101_n

 

上ハラミ♪

19732255_1570468626361157_900956327917012965_n

 

さらに骨なしカルビも(^_^)

19959335_1570468706361149_668201724405479460_n

 

 

シメに冷麺の大を食べました!(^^)!

 

 

 

これでまた明日からの診療が頑張れそうです!!

 

 

 

ケーキ、大人買い

先日、台風が来ましたが、芦屋は思ったほど影響がなく

診療終了後には雨が上がっていたため、

スタッフは安心して帰ることが出来ました♪

 

台風の影響でキャンセルが多かったのですが、

事前にお電話頂けて、本当にありがたかったです。

 

また、豪雨の中、来られた患者さんには、

時間が確保できた分、しっかり検査して、

説明をすることが出来ました♪

 

 

 

さて、7月になり、近所のポッシュドレーヴで

数か月間、ケーキが買えなくなってしまう為、

いつも頑張ってくれているスタッフの分も含め、

ケーキを購入しました。

 

私が、「スタッフの分も買いたいので、

ここからここまで下さい」と注文したところ、

店員さんから「大人買いですねぇ♪」と言われました(^_^;)

 

種類が多く、スタッフも何を食べるか、

かなり悩んでいましたが、、、

スタッフ全員、美味しいケーキに満面の笑みでした!(^^)!

IMG_20170703_135107

 

当面はケーキは買えないものの、焼き菓子は今まで通り

買うことが出来るそうなので、暫くは焼き菓子を楽しみたいと思います。