歯科

虫歯になると、虫歯の部分を削り取る必要があります。

しかし、虫歯の部分だけでなく、健康な歯の部分まで大きく削ってしまうと、歯の寿命が短くなってしまうと言われています。ひだまり歯科では、虫歯部分だけが染まる検査薬を使用し、虫歯の部分を削る時に、健康な歯を削り過ぎないようにしています。

歯というのは、人間の組織の中で、再生能力のない部分の1つです。つまり、一度削ってしまうと、自然には元に戻らないのです。

しかし虫歯になってしまった部分を、そのままにしておくと大きく穴が空いたり、歯に痛みが出てしまうのです。そこで虫歯は削る必要があります。大切なことは、虫歯部分だけをしっかり削り取り、健康な部分を残す、そして、削った部分は人工材料で埋めることです。

歯の寿命を考えると、虫歯や歯周病にならない健康な状態であることが理想的です。しかし、虫歯になってしまっても、歯の寿命をしっかり考えたうえで治療を進めていくことが大切です。

     

歯科とは

虫歯と歯槽膿漏の治療および歯牙欠損部の補綴(補うこと)を主とした歯科治療のことです。
これは通常どこでも行っているものですが、小児歯科、矯正歯科、口腔外科などの新しい専門的な標榜科が生まれた為、これと区別する意味で「虫歯ができた」「しみる(はしる)」「痛い」「腫れた」などの症状は一般歯科治療を行うことができます。

虫歯の原因

女性とリンゴ虫歯とは細菌などによる酸によって歯が溶かされてしまう病気です。
虫歯は怪我などとは違って自然に治ることがなく、放っておくと進行してしまいます。

そこで、まずはお口の中の衛生管理をしっかりと行い、これ以上、虫歯や歯周病が進まない環境を整えることをお勧めします。必要な範囲で最小限の治療を行いましょう。

 

 

 

tel&mail メール受付
.