インプラント

ひだまり歯科では、インプラントを行う予定の患者様には、インプラント手術の前にCTを撮影し、骨の量をみて、安全にインプラント手術が行えるか確認するようにしています。

また、インプラントをどの位置に入れるか、専用のソフトを用いてシミュレーションも行っています。

下の写真は、シミュレーションで安心安全に埋入できるか、確認している状態です。



ピンクの部分が、インプラントを入れる予定の位置です。また、黄色い丸は下歯槽神経という、とっても大切な神経です。この神経にインプラントが当たらないよう、しっかり確認しておくことが大切です。

そして、シミュレーションが終わったら、最新式3Dプリンターで、シミュレーション通りに手術を行うための、マウスピースを作製します。



このマウスピースと、専用のドリルを使う事で、シミュレーション通りに手術を行うことが出来ます。

手術後のCT画像がこちらです。



シミュレーションした位置に、殆どズレることなくインプラントが埋入できています!

ひだまり歯科では、この最新式のインプラントとマウスピースの「デジタルインプラントシステム」で、安心安全にインプラント手術を行うようにしています。

このデジタルインプラントで手術を受けた患者様からは、
「手術中、全然痛くなかったです。」
「手術の後も腫れたりしませんでした!」
「あっという間に手術が終わりました。」
「手術の後も全く問題なく、翌日から仕事が普通にできました!」

と、とても好評です。


デジタルインプラントシステムの治療の流れ

まず歯の状態を確認するために、歯の写真とレントゲン写真、そしてCTを撮影します。
また、歯型を採ります。

専用のソフトでシミュレーションします。
シミュレーションが終わったら、3Dプリンターで手術用のマウスピースを作製します。

マウスピース納品後、お口の中に入れて、適合を確認します。適合に問題がなければ、手術を行います。


tel&mail メール受付
.