電話する

地図

予約・問合せ

メニュー
ヘッダーオファー

インプラント治療

失った歯を再現できる
インプラント治療

当院のインプラント治療について

当院のインプラント治療については、こちらの動画をご覧下さい。

インプラントの前に、今ある歯を残せる可能性を診断します

インプラント

当院では、
ご自身の歯を長く使って頂きたいと考えております。

インプラント治療は、欠損を補うのに、
非常に有効な方法だと考えていますが、やはり、
患者様ご自身の歯を残せることが一番良いと思います。

まずは診査の段階で、今ある歯を残せる可能性を追求します。

それでも、インプラント治療のメリットが勝っているときには
インプラント治療をオススメしております。

ひだまり歯科のデジタルインプラントシステム

ひだまり歯科のデジタルインプラントシステム

ひだまり歯科では、
インプラントを行う予定の患者様には、
インプラント手術の前にCTを撮影し、骨の量をみて、
安全にインプラント手術が行えるか
確認するようにしています。

また、インプラントをどの位置に入れるか、
専用のソフトを用いてシミュレーションも行っています。

上の写真は、
シミュレーションで安心安全に埋入できるか、確認している状態です。

ピンクの部分が、インプラントを入れる予定の位置です。
また、黄色い丸は下歯槽神経という、とっても大切な神経です。
この神経にインプラントが当たらないよう、しっかり確認しておくことが大切です。

最新式3Dプリンター

そして、シミュレーションが終わったら、
最新式3Dプリンターで、シミュレーション通りに
手術を行うための、マウスピースを作製します。
このマウスピースと、専用のドリルを使う事で、
シミュレーション通りに手術を行うことが出来ます。

手術後のCT画像

手術後のCT画像がこちらです。

シミュレーションした位置に、殆どズレることなく
インプラントが埋入できています!
ひだまり歯科では、
この「デジタルインプラントシステム」で、
安心安全にインプラント手術を行うようにしています。

デジタルインプラントシステムの治療の流れ

まず歯の状態を確認するために、歯の写真とレントゲン写真、そしてCTを撮影します。
また、歯型を採ります。

next

専用のソフトでシミュレーションします。
シミュレーションが終わったら、3Dプリンターで手術用のマウスピースを作製します。

next

マウスピース納品後、お口の中に入れて、適合を確認します。
適合に問題がなければ、手術を行います。

歯を失ったときの治療法

歯を失ったときの治療法には、“ブリッジ、入れ歯、インプラント”があげられます。

ブリッジ

ブリッジ

失った歯の部分の左右の歯を削り、
義歯(人工の歯)の橋をかける治療法

<メリット>
  • 固定式で違和感が無い
  • 比較的治療期間が短く、保険が適用できる
<デメリット>
  • 治療のために両隣の歯を削る必要がある
  • 土台とした歯の滅菌がしづらくなり、
    虫歯や歯周病の再発の可能性がある

入れ歯

入れ歯

歯を失った部分の型取りをし、
人工の歯を取り付け、自分の歯で固定する簡単な治療法

<メリット>
  • 歯を削ることが少ない
  • 比較的治療期間が短く、保険が適用できる
<デメリット>
  • 違和感を感じることが多い
  • 食事の際動きやすく、痛みを感じることがある
  • 歯に架ける金具により、審美性に欠ける

インプラント

インプラント

長年の研究と高度な技術のもとに開発された
人工の歯根(インプラント)を植える治療法

<メリット>
  • 健康な歯を全く削ることなく、
    歯のない部分にインプラントを入れます
  • 噛んだ時の感触、噛み応えが自分の歯に近い感覚を得ることができる
  • ブリッジや入れ歯より長持ちすることが多い
<デメリット>
  • インプラントを埋め込む手術が必要です
  • 保険がきかないため費用がかかります
  • 治療期間が比較的長くかかります

インプラント治療の魅力

「抜けたままでも大丈夫」と思っていませんか?
歯が抜けたままにしておくと、身体全体にも影響が出るってご存知ですか?

歯が抜けた部分に隣の歯が動いてくる

数ヶ月、あるいは数年という時間はかかりますが、
確実に、抜けてしまった歯の両隣にある歯が倒れ込んできます(傾斜)。
さらに、噛み合っていたはずの上の歯が下に落ちてきます(挺出)。

噛み合わせが悪い歯に異常な力がかかる

歯が動いてしまうと、ものを噛んだときに噛み合わせがずれた部分が
異常な強さでぶつかるようになり、大きなダメージが加わります。

虫歯や歯周病になって、最後には抜けてしまう

傾斜や挺出で歯並びが悪くなると、
どうしても歯垢が溜まりやすく、不衛生な部分ができてしまいます。
すると、その部分が虫歯になったり歯周病を起こしたりします。
症状が進むと、最悪の場合は歯を抜かなければならなくなります。

傾斜や挺出した歯の寿命は、健康な歯の2/3~1/2ほどとなってしまいます。
また、歯が抜けてしまった側ではしっかりものを噛むことができなくなるため、
反対側の奥歯や前歯などに余計な負担をかけてしまいます。
その結果、それらの歯の寿命も短くなってしまうことがあります。

すべての歯の寿命が短くなってしまうということは、
やがて総入れ歯をしなければならなくなることを意味しています。

治療期間の目安

ひだまり歯科のデジタルインプラントシステム

失った歯を取り戻せるインプラント治療は、
従来の入れ歯と比較して多くのメリットがあります。
しかし、逆にデメリットがあるのも事実です。
例えば治療期間が長いことも一つのデメリットになります。

インプラント埋入後、骨と結合するまで一般的には
上顎で3~6ヶ月、下顎で2~4ヶ月かかります。
しかし、骨の状態によってはさらにかかることがあります。
一概に治療期間を断言することはできませんが、
平均でいうなら3ヶ月~10ヶ月ほどになります。

※ 症例などにより個人差があります。

料金表

インプラント基本料

埋入手術 25万円
骨造成 5万円~
インプラント用の土台と仮歯 5万円

保証制度

保証制度
最長10年間の保証制度

当院では安心してインプラント治療を受けて頂くために
最長10年間の保証制度を導入しております。

※ この保証制度をご利用頂く際は、3ヶ月に1回の経過のチェックと
メンテナンスのためにご来院
頂くことが条件となります。

インプラントは、ブリッジや義歯と比べても丈夫で長持ちしますが、
定期的な経過のチェックとメンテナンスは欠かせません。

インプラント治療は自費治療となります。
治療内容や費用など不安をお持ちの方も多いと思います。

当院では、インプラントの相談も承っております。
少しでも気になることがありましたら、お気軽にお声がけ下さい。

診療スケジュール

当院へのお電話からの問い合わせは0797348188へ

診療時間
9:30〜13:00
14:30~17:00
14:30~19:00
/
/
/
/
/
/
/
/
/
/
/
休診日 / 水曜・日曜・祝日
ご予約・お問い合わせはこちら
ひだまり歯科クリニックの外観
フッターオファー
© 2019 ひだまり歯科クリニック