診療の流れ

院内ツアーtour
虫歯治療caries
小児歯科child
矯正歯科ortho
予防歯科preventive
審美歯科aesthetic
インプラントimplant
歯周病perio
親知らずwisdom
ホワイトニングwhitening
料金表price
医院メニューmenu
診療科目subject
求人募集recruit

親知らずが気になる方へ

 

 

「親知らずって抜いた方がいいんですか?」

親知らずに関して、一番多い質問です。

ずばり、結論から申し上げると、「まっすぐ生えていて、歯茎の腫れや痛みがなく、丁寧に歯磨きして虫歯になっていない」場合は、抜く必要がありません。

しかし、そうでない場合は抜いた方がいいことが多いです。

なぜなら、

1、親知らずの歯磨きが難しく、虫歯や歯周病になりやすい
2、歯垢がたまったり、炎症が起きることで、口臭の原因になる
3、親知らずの炎症が原因で、お口が開きにくくなる
4、歯並びが悪くなることがある


など、親知らずが原因で歯痛などのトラブルが起きることが多いからです。

もし、親知らずを抜くのであれば、少しでも早く抜歯することをお勧めします。

なぜなら

1、虫歯や歯周病が悪化する前に対処したほうがいい
2、虫歯や歯周病が悪化すると、周りの歯にも悪影響が出る
3、虫歯や歯周病が悪化し、痛みがある時は、麻酔が効きにくい
4、年齢が若い方が抜歯後の回復が速い


などの理由があるからです。

しかし、親知らずを抜いた方がいいかどうか、自分で判断するのは難しいと思うので、歯科医師に診てもらうことをお勧めします。

ひだまり歯科では、親知らずの抜歯を希望される方は、まず十分な診査・説明を行っています。

ひだまり歯科での親知らずの治療の流れ

1、レントゲン撮影による診査・診断

 

まずは診断の為にレントゲン写真を撮影します。
その後、お話を伺いながら、お口の中を拝見し、親知らずの生え方や歯茎の状態を確認します。

レントゲンを確認しながら、歯科医師がチェックすることは、
・抜歯する必要があるか、そのままで大丈夫か判断します
・歯の根元が顎の神経に近くないか確認します
・歯の生え方・角度をチェックします

2、診査・診断に基づいて、説明いたします

診査・診断に基づいて、親知らずを抜くべきか、様子をみても大丈夫か、理由と共に丁寧に説明させて頂きます。

もし不安な点やわからないことがありましたら、お気軽にご質問・ご相談ください。

抜歯を行う場合は、今後の治療の流れや、大体の処置時間をお伝えいたします。

また、歯の根元が顎の神経に非常に近い場合などは、当院提携先の口腔外科を、この段階でご紹介することもあります。

3、歯茎の状態を整える為の歯石の除去

抜歯を行う前に、歯茎が腫れている場合は、 歯石除去や歯のクリーニングを行って、歯茎の状態を整えます。

歯茎に炎症が残ったまま抜歯すると、抜歯後、血が止まりにくかったり、 歯茎の治癒が悪くなることがありますので、 安全に抜歯処置を行うには欠かせない事です。

4、当日の体調確認、歯茎の状態の確認

抜歯の処置を行う前に、当日の体調を確認します。
具体的には、今、気分が悪くないか、前日に暴飲していないか、あるいは、仕事を徹夜でしてきて、そのまま抜歯に臨んでいないか、など、口頭で確認します。

体調がすぐれない場合は、無理に抜歯せず、後日、改めて抜歯を行うこともあります。

体調が問題ないようであれば、歯茎の状態を確認し、問題なければ抜歯していきます。 

5、痛みの少ない麻酔

抜歯する際、心配なのが「痛くないか」ですよね。
ひだまり歯科では、抜歯の際、痛みが伴わないよう、充分に麻酔を効かせるよう工夫しています。

また、麻酔の時も痛みが少なくなるよう、細心の注意を払いながら麻酔するようにしています。

もし不安があればお気軽に歯科医師にお伝え下さい。

6、抜歯処置

いよいよ抜歯処置に入ります。

歯の状態にもよりますが、簡単な場合は5分以内で時間がかかる場合は30分程度、抜歯に時間がかかります。

なるべく患者様の負担が少なくなるよう、配慮して処置を行いますので、どうぞご安心ください。

抜歯した日に注意すること

抜歯した日は安静にしてください

歯を抜くと出血し、徐々にかさぶたが出来ます。
しかし、かさぶたが剥がれて出血してくることがありますので、アルコールの摂取や、激しい運動、長時間の入浴は控えて下さい。

うがいはあまりしないでください

激しくうがいをしてしまうと、かさぶたが出来なくなることがあります。
また、かさぶたが剥がれることもあります。
抜歯した日は、過度なうがいは控えてださい。

血が止まりにくくても大丈夫です

ガーゼや丸めたティッシュをしっかり噛んで下さい。
30分程度で出血が止まることがほとんどです。

もし長時間出血が止まらなくて、ご心配な場合は当院までお電話ください。

抜歯後、数日間注意すること

数日間は頬が腫れることがあります

特に、横に向いていた下の親知らずを抜歯した場合は、2~3日後をピークに、頬が腫れることがあります。

接客業などで仕事に支障をきたしそうな場合は、この間、仕事が休めるようにしておいてください。

抜歯後の麻痺について

顎の神経と、親知らずの根元が非常に近くにある場合、抜歯後に、麻痺が出ることがあります。

殆どの場合、数週間~数か月かけて徐々に良くなってきますのでご安心ください。

  • ご予約のお電話はこちら
  • お問い合わせフォームはこちら

〒659-0065

兵庫県芦屋市公光町7−11 アリサワビル1F