電話する

地図

予約・問合せ

メニュー
■■ 新型コロナウイルス対策について ■■
新型コロナウイルス感染予防対策を行って診療しております
詳しくはこちらをご覧下さい
↓↓↓↓↓↓
「院内感染予防対策について」
ヘッダーオファー

歯科医師のワクチン接種に関して

2021年7月5日

今日のブログは
・歯科医による(新型コロナの)ワクチン接種(打つ側)
・私自身のワクチンに対する考え

について、お話ししたいと思います。

先に結論からお伝えすると、
私自身は(新型コロナの)ワクチンの接種に関しては慎重派です。

よって、まだワクチンの接種はしていません。
(ワクチン接種率を上げるため、歯科医師もワクチンを打つよう
国から要請がありましたが、ワクチン2回接種が完了している
ことが条件なので、私はワクチンを打ちに行くことも出来ません)

それが良いか悪いか、とか、
接種していないなんて医療従事者として正しいのか?
という観点でお話をしたいわけではありません。

そもそも、私自身、ここ数年はインフルエンザワクチンすら
接種していません。

というのも、以前、副作用が出てしまったため、
それ以来、インフルエンザワクチンも
コロナワクチンもどうしても接種を避けてしまいます…。

(ここから以下は、私の個人的意見です)
私が不思議に思っていることは多々ありますが、
そのうちの一部をお話ししたいと思います。

例えばワクチンの費用。

今まではワクチンの接種には保険が効かず、
自費で費用を払って接種していたものです。

ところが、今回の新型コロナのワクチンに関しては
接種費用はタダです!!

本来なら、この段階で気付いてほしいんですね…

「タダより高い物はない」という言葉を。

新型コロナからの感染を防ぐためには
接種料金をタダにして、一気に普及させたい、
という気持ちが分からないわけではありません。

それどころか、地域によっては接種したら1000円分の
地域振興券がもらえる所もあります。

あるいは、ワクチン接種のために大規模会場を
用意したり、その分のスタッフを配置したり、
さらには地方ではバスによる送迎まであるようです。

また、海外に目を向けると、ワクチン宝くじなるものがあり、
ワクチン接種による当選金が出る場合もあります…

刑務所にいる囚人がワクチン接種した場合、
刑が軽くなる、という話も聞いたことがあります…

ここまでくると、呆れてものが言えません!

今、ワクチン接種がタダだとしても、
いつかは税金という形で回収されます。

そのいい例が「東日本大震災の復興特別税」です。

東日本大震災のあと、2013年から
「復興特別税」として、25年間、
2.1%の税金が上乗せされています。

今回の新型コロナも、「コロナ税」なるものができて、
復興特別税だけでなく、「コロナ税」が上乗せされる
ことが容易に想像できます。

いずれ来てしまう増税の事を、どれだけの方が
わかっているのでしょうか?

タダでワクチン接種できていることを改めて
考える必要あるのではないでしょうか??

あと、ワクチンの効果とリスクについてお話しします。

ワクチンが本当に効果があるか、という話になると
論点がずれてしまうので、ある程度効果がある前提で
お話していきたいと思います。
(とても勘がいい方は、この段階で気付くことがあるでしょう…
それはさておき)

今回のワクチンは、接種してからどの程度(期間)
効果があるか、明確になっていませんが、
残念ながらそんなに長くないと考えられています。

麻疹ワクチンに関しては、接種すると10~20年免疫が
続くと言われています。

しかし新型コロナのワクチンはそこまでの期間、
効果があるとは思えませんし、既に変異ウイルスには
効果が期待できないのでは、とも言われています。

そこで考えなければいけないことは、
新型コロナのワクチンを、変異株に対応できるよう
毎年接種する必要がある、
それがいずれ常識になるのでは?と思っています。

そしてワクチンのリスクなんですが、
ワクチンを接種することでの死亡例や
副反応に関しては避けられないことだと思います。

副反応で有名?なのはモデルナ製の
「モデルナアーム」でしょうか??

あとは、倦怠感や発熱、アナフィラキシーショック
などなどですが、そもそもワクチンというのは
病気になっていない人が接種するものです。

ところが、ワクチン接種することで、
何らかの症状が出てしまうとか、
時には残念ながら死に至ってしまう…

そんなリスクがあるのがワクチンなんです。

そもそも新型コロナに感染した場合の症状や人数、
そしてワクチン接種による副反応の人数や症状、
そういったことを考えると・・・

私はワクチン接種にはどうしても慎重にならざるを得ません!

実はまだお話したいことはあるのですが、
それはまた何か別の機会にしたいと思います。

<< 前のページに戻る

2 thoughts on “歯科医師のワクチン接種に関して

  1. 山本 沙羽子

    私はマスクで熱中症になったり、
    マスク自体意味がないんじゃないかと思っていたので、
    外出時どうしても必要なとき以外ほぼノーマスクです。
    ワクチンは全く接種する意志がありません。
    国民から預かっている税金を使ってまた勝手なことを…と政府や大企業のやり方に呆れている感じです。
    ただ、周りにはなかなか同じような考えの人がおらず、
    趣味の太極拳でも仲間がワクチンをどんどん打っていくのを見ていて、正直だんだん居ずらさを感じる場面もあります。
    街を歩いていてもマスクしている人だらけですし…
    そんなときたまたま先生のブログを読んで、
    歯科医師の先生がご自分の見解を率直にオープンにされていて、自分の考えと重なることがたくさんあり、勇気をたくさん頂きました。周りに流されず、自分のスタンスを貫いていきたいです。ありがとうございました。

    Reply
    1. hidamari-dc.net Post author

      山本様
      コメントありがとうございます。
      趣味の場で、居づらさを感じる、
      まさに「同調圧力」ですね…

      ただ、私は自分からワクチンの話をしませんし、
      ワクチンの事を聞かれたら「私はインフルエンザでも
      副反応が出てしまうので…」と答えています。

      これからもお持ちのお考えを貫いて頂きたいと思います!

      Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


診療スケジュール

当院へのお電話からの問い合わせは0797348188へ

診療時間
9:30〜13:00
14:30~17:00
14:30~19:00
/
/
/
/
/
/
/
/
/
/
/
休診日 / 水曜・日曜・祝日
ご予約・お問い合わせはこちら
ひだまり歯科クリニックの外観
フッターオファー
© 2019 ひだまり歯科クリニック