MENU

マスクによる熱中症のリスクについて

梅雨が明け、一気に暑くなりましたね…

少し外に出て歩くだけで汗が出てくる、
そんな夏らしい夏になってきました。

この暑い中でも今まで同様、マスクをしておられる方が
街中にはたくさんいらっしゃいます。

コロナの周りの方への感染リスクを避けるために
マスクをしておきたい、
そういうお気持ちは理解できます。

しかし、中には真面目にマスクをし過ぎて、
マスクの摩擦によって口の周りに湿疹が出来たり、
時には目の付近や喉元に湿疹が出てしまうことも…

そして、暑い中でマスクをしていると、
間違いなく熱中症のリスクが高まるでしょう…

厚生労働省も、「新しい生活様式」における熱中症予防行動のポイントを
まとめました。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_coronanettyuu.html

その中で、「屋外で人と十分な距離(少なくとも2m以上)が確保できる場合には、
マスクをはずすようにしましょう。」とはっきり記載しています。

「高温や多湿といった環境下でのマスク着用は、熱中症のリスクが高くなるおそれがあるので…」
と、理由まではっきり書いてありました。

私自身、お盆休みで外出することがありますが、
マスク着用が必要なお店ではマスクしています。

ただ、そういったお店ではほとんどの場合、
冷房がしっかり効いているので、熱中症のリスクは低いでしょう。

そしてお店を出て、外に出たら直ぐにマスクを外しています!

また、別の記事を紹介しますが、
熱中症を避けるための正しいマスク着脱法や
熱中症対策について書かれています。
https://wellmethod.jp/heatstroke/

この記事はとても参考になる内容が多いので、
是非読んでいただきたいと思いました。

気が付けば、私のブログが新型コロナの持論の場に
なってしまっていることを、少し反省しています。

本来ならば、患者さんの治療のことをもっと書くべきでしょう…

例えば、歯が痛くて困っているけど、
歯医者が怖くてなかなか行けない、
でも当院に頑張って来てもらったら、
痛い歯だけでなく、他にも悪い歯をすべて治療できました! とか、
歯並びで困っているけど、結婚式までに治したい
そんな方を針金矯正で治して結婚式に間に合わせました! とか、
入れ歯が合わなくて困っていた方をインプラントで
美味しくお孫さんと食事が出来ました!、など
歯の治療に関することを書くべきですね…

今後は、新型コロナのことも落ち着いてくることを願い、
私のブログがもう少し歯科治療のことを書いていきたいと思っています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

PAGE TOP