MENU

コロナで検診も変わる

最近、学校検診で虫歯と言われた、

歯石がたまっていると言われた、

歯並びを診てもらったほうが良い、と言われた など

学校検診で指摘されて、歯医者にくる子が多いです。

例年なら春と秋に学校検診を行っていましたが、

コロナの影響で、春の検診は中止となり、

今年は秋だけ検診を行うことになりました。

私は補佐医として、岩園小学校と精道小学校、

そして保険担当医として緑保育所に、検診に行ってきました。

ただ、こちらでもコロナの影響で、例年とは形式が

一部、 異なっていました。

一番違っていたのが、フェイスシールドをつけることです。

マスクをし、かつフェイスシールドをすることで、

少しでも飛沫感染を予防するためにフェイスシールドを

着用しながら検診を行いました。

また、場所によっては、検診場所を例年と変えて、

少しでも密にならないよう、工夫しながら

検診を行うところもありました。

また、適宜アルコール消毒を行ったり、

グローブの交換などを行い、

クラスターが発生しないよう、工夫しながら

検診を行いました。

これだけの準備をして頂いた、学校や保育所の方々は

例年以上に大変だったと思います。

おかげさまで、スムーズに検診を行うことが出来ました♪

この場を借りて、お礼申し上げます。

(ここからは私の独り言です(笑))

世間に目を向けると、以前ほどではないですが、

コロナのことを報道されたりしていて、

以前、コロナの影響は残っています…

最近では、コロナとインフルエンザの同時流行、

いわゆる「ツインデミック」に備えましょう!

という報道すら見かけます。

歴史や過去のデータから見てみると…

2種のウイルスの同時流行は、

ある意味、難しいのでは、と言われています。

多分、私の過去のブログに記載があったと思いますが、

「ウイルス干渉」という言葉があります。

これは、2種類のウイルスが同時に増えることがなく、

片方のウイルスが増えれば、もう片方のウイルスが減ってしまう、

という現象をさします。

直近で言うと、2019年のインフルエンザの患者数の激減が

このウイルス干渉(知らない間に、既にコロナが流行していた)が

起きていたのではないか?と言われています。

さらに最近のデータを見てみると、

今年の9月のインフルエンザの患者数が、

去年より激減している、という報道がありました。

この原因として、コロナの対策でアルコールやマスクを

した結果、インフルエンザも予防できたのでは?

と言われています。

これはこれで正しいと思います。

ただ、それだけではなく、コロナとインフルエンザの

ウイルス干渉が起きている、と考えれば

納得できる結果だと、私は思っています。

結局のところ、昔から言われている

手洗いやうがい、そういった清潔なことを心掛けることで

インフルエンザやコロナが予防できるのではないか、

と思いますので、ぜひ皆さんも手洗いうがいをしっかり行いましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

PAGE TOP