MENU

銀歯を白くしたい方へおすすめの治療法|保険適用で白い歯へ

銀歯を白くする

日本では保険が適用できるため、銀歯の被せ物や詰め物を選択される方が大勢います。

しかし、口を開けると目立ってしまうため、白い歯に変えたいと思っている方が増えています。

銀歯を白くするには、保険を使う方法と自費治療で行う方法があります。

白い歯は見た目が美しいですが、銀歯には白い歯にないメリットもあります。

ここでは、保険治療で銀歯を白くする方法と自費治療で銀歯を白くする方法、銀歯を白くするメリット・デメリットや、セレック治療についてご紹介します。

銀歯を白い歯に変えようと思っている方は、是非参考にしてください。

目次

銀歯を白くする保険治療と自費治療

銀歯を白くする治療は、保険治療と自費治療に大きく分けられます。

それぞれで使用できる素材の特徴と補綴物の種類をご紹介します。

銀歯を白くする保険治療

保険適用内で銀歯を白くするために使用できる素材は、プラスチック素材のコンポジットレジンとCAD/CAM冠のハイブリッドセラミックです。

現在は、保険治療内で、ほとんどの歯を白くすることができます。

コンポジットレジンの特徴と補綴物の種類

コンポジットレジンは、虫歯治療用の白い詰め物としてよく使われている素材です。

金属でないため金属アレルギーの方にも使用でき、整形がしやすく歯の切削量を少なくできるなどのメリットがあります。

しかし、金属やセラミックに比べると強度が劣り、時間が経つにつれ変色するなどのデメリットがある素材です。

噛む面だけの小さな銀歯の詰め物は、すべての歯に保険適用内でレジンを詰め変えることができます。

レジンを使用した被せ物としては、硬質レジン前装冠と硬質レジンジャケット冠があります。

硬質レジン前装冠は、金属のフレームにレジンを貼り付けて製作した被せ物です。

保険適用される歯は前歯6本だけで、奥歯に使う場合は保険適用外となります。

硬質レジンジャケット冠は、金属の裏打ちが無く全体が硬質レジンでできている被せ物です。

保険適用される歯は、前から5番目の歯(第二小臼歯)までです。

前から6番目(第一大臼歯)以降の歯に硬質レジンジャケット冠を使う場合は、保険適用外となります。

ハイブリッドセラミックの特徴と補綴物の種類

ハイブリッドセラミックは、レジンとセラミックの混合物です。

ハイブリッドセラミックは、レジンよりも強度や耐久性、審美性が優れていますが、オールセラミックに比べると劣っています。

レジンが含まれているため、レジンほど短期間ではありませんが時間の経過とともに水分を吸収して変色してしまうという点がデメリットです。

条件付きですがCAD/CAM冠ハイブリッドセラミックは、保険適用内で使用できます。

詰め物で保険適用される歯は、前から4番目(第一小臼歯)と5番目(第二小臼歯)、6番目(7番目の歯が4本ともある場合限定)です。

また、金属アレルギーの方は、医師の診断書があればすべて臼歯にハイブリッドインレーを保険適用内で入れることができます。

被せ物で保険適用される歯は、前から1~5番目(中切歯~第二小臼歯)、6番目(7番目の歯が4本ともある場合限定)です。

金属アレルギーの方は、医師の診断書があればすべての歯にハイブリッドセラミックの被せ物を保険の適用内で入れることができます。

銀歯を白くする自費治療

自費治療で銀歯を白くするために使用する主な素材はセラミックです。

セラミックの特徴と補綴物の種類

セラミックは、硬く透明感がある白さで、体に優しい歯科用材料です。

オールセラミックやジルコニア、ポーセレンなどの種類があります。経年劣化がほぼなく変色もしません。

現在、歯科治療で使われているセラミックの修復物・補綴物は以下の通りです。

  • ジルコニアオールセラミッククラウン
  • 陶材焼付鋳造冠(メタルボンド)
  • e-max
  • ポーセレン・ラミネートべニア
  • セラミックインレー

陶材焼付鋳造冠は、金属のフレームにセラミックを貼り付けた被せ物です。

ポーセレン・ラミネートべニアは、主に前歯の唇側面に貼り付けて使い、変色歯や正中離開などの治療で使用されています。

e-maxは、二ケイ酸リチウムガラスセラミックのブロックをCAD/CAMで加工したクラウンです。

銀歯を白くするメリット

銀歯をセラミックを使って白くするメリットには以下のようなものがあります。

  • 審美性の向上
  • 虫歯になりにくい
  • 金属アレルギーの心配がない
  • 歯茎が変色しない
  • 長持ちする

レジンを使って銀歯を白くするメリットは、上記の中で「長持ちする」こと以外が当てはまっています。

銀歯を白くするデメリット

銀歯をセラミックを使って白くするデメリットには以下のようなものがあります。

  • 費用が高い
  • 歯を削る量が多くなる
  • 強い衝撃で欠けてしまう可能性がある

レジンを使って銀歯を白くするデメリットは、上記の中で「強い衝撃で欠けてしまう可能性がある」だけが当てはまります。

他のデメリットは「長期間使用していると水分を吸収し変色してしまう」「大きな力がかかる場所には使用できない」などがあります。

費用を抑えて銀歯を白くするためにはセレック治療がおすすめ

セレック治療は、コンピューターを使用して補綴物(被せ物や詰め物)の設計・製作をするCAD/CAMシステムを使用したセラミック治療法です。

以前までセラミック歯を製作するために、患者の歯型を取ってそれをもとに歯科技工士がセラミックの粉を盛り焼いていました。

しかし、セレック治療は、お口の中を3D光学カメラでスキャンして、それをもとに自動切削機でセラミックブロックを削り出して、精密な補綴物を製作します。

長い製作時間がかからないため、短時間で補綴物の製作が可能な治療法です。

また、セラミックブロックを機械が正確に削り出すため、従来よりも精度が高い補綴物を作り出すことができるようになりました。

第二大臼歯(前から7番目の歯)はセレック治療で保険適用されないため、自費治療でセラミック歯を入れなければいけませんが、他の歯は保険を使ってセラミック歯(ハイブリッドセラミック限定)を入れることができます。

ひだまり歯科医院セレック治療の値段

当院のセレック治療(素材はオールセラミック)の値段は以下の通りです。自由診療のため公的医療保険の適用外となります。

セレックインレー(詰め物)60,000円(税込66,000円)
セレッククラウン(被せ物)120,000円(税込132,000円)

当院でも保険を利用してハイブリッドセラミック歯を入れるセレック治療が受けられますが、機能性や審美性、耐久性などからオールセラミックもしくはジルコニアを使った治療を推奨しております。

まとめ

保険治療で銀歯を白くする方法と自費治療で銀歯を白くする方法、銀歯を白くするメリット・デメリット、セレック治療についてご紹介しました。

現在は、保険を使って大部分の歯を白くすることができるようになりました。

しかし、銀歯にも白い歯にはないメリットがあるので、よく考えてから決断するようにしてください。

また、白い歯にもさまざまな種類があるので、少しでも気になることがありましたら、お気軽に当院スタッフに相談してください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

PAGE TOP