MENU

歯石取りにもデメリットがある?メリットも解説

歯石取りのデメリット

歯石取りと聞いてどのような印象をお持ちでしょうか?

スッキリするという方もいれば、「痛かった」「冷たいものがしみやすくなった」というマイナスイメージをお持ちの方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、歯石取りにはメリットだけでなくデメリットがあるのかや歯石取りが恥ずかしい方へのアドバイスなどを解説します。

記事監修者

ひだまり歯科クリニック院長 飛田逹宏

【経歴】

  • 平成15年 大阪大学歯学部 卒業
  • 平成19年 大阪大学大学院歯学研究科卒業 歯学博士
  • 平成19~22年 大阪市内の歯科医院にて勤務
  • 平成22年6月 ひだまり歯科クリニック 開業

ひだまり歯科クリニックでは、来院された患者様に丁寧な説明を心掛け、納得頂いた上で治療を行い、
患者様にも積極的に治療に望んでもらうとともに、患者様が満足してもらえる治療が提供できるよう、最善を尽くしております。

目次

歯石取りのデメリット

歯石取り

歯石とは、歯の汚れが石灰化して固まったもので、歯周病や虫歯の原因となるものです。

歯石は歯ブラシでは取り除けない頑固な汚れなので、定期的に歯科医院で歯石取りをするのがいいとされています。

歯周病や虫歯の予防には歯石取りが必要ですが、ここでは一般的な歯石取りのデメリットを解説します。

しみることがある

歯周病が進行すると、歯の根の部分が見えてきます。

しみやすい根の部分に歯石が覆っていた場合、歯石を取ることで一時的にしみやすくなることがあります。

また、歯石を取る時に歯と歯茎の間に力を加えるので、刺激が神経に伝わりやすく知覚過敏の症状が出ることもあります。

知覚過敏の症状が一時的に出ることはありますが、歯石を取ることで歯茎の状態が改善されるとだんだん収まってくるので安心してください。

痛みが出ることがある

歯石は石のように硬く、歯にこびりついている頑固な汚れです。

そのため、硬い歯石を取るためには超音波や器具に力をかけて、歯石を取る必要があります。

その際、器具が歯茎や歯に当たって刺激を感じることがありますが、一時的な痛みなので治療が終了すれば引いていくことがほとんどです。

歯石は、放置すればするほどどんどん硬くなり、取りづらくなっていきます。

長年放置した歯石を取るには、力がかかるので痛みが出やすくなりますし、複数回の通院が必要なことも。

歯石取りの痛みが嫌な方は、定期的に歯科医院に通い、歯石取りを受けることがおすすめです。

歯茎から出血することがある

歯石が付いていると、歯茎に炎症が起き出血しやすい状態になります。

そのため、器具が歯茎に軽く触れただけでも出血してしまうこともあるのです。

歯石は細菌の塊なので、歯石が付いているところはすでに炎症が起こっていると考えていいでしょう。

歯石が付いたままになっていても、痛みなどの自覚症状がほとんど出ることはありません。

歯周病は自覚症状がないままに、気づかない間に病状が進んでしまう怖い病気なのです。

歯石を取ることで、歯周病が改善すれば出血は治まりますので、症状がなくても定期的に歯科医院で歯石取りをするのが大事です。

歯石取りのメリット

そもそも、歯石は細菌の塊で本来あるべきものではないので、取り除くに越したことはありません。

ここでは、定期的に歯科医院で歯石を取ることで得られる3つのメリットをそれぞれ解説します。

虫歯や歯周病の予防

歯石には、歯周病菌や虫歯菌など、大量の細菌が付着しています。

また、歯石の表面はザラつき凸凹しているので、汚れが付きやすい形状です。

そのため、歯石がついたまま放置していると、歯石がどんどん溜まっていき、歯周病や虫歯の悪化につながるのです。

歯石は歯ブラシだけでは取り除くことはできません。

超音波やスケーラーを使った、歯科医院での歯石取りが必須なのです。

日頃の歯磨きによるセルフケアにくわえ、歯科医院での歯石取りを行うことで、虫歯や歯周病を予防しましょう。

3〜6ヵ月に1回は、定期的に歯科医院に通うのがおすすめです。

口臭の予防

歯石を放置することは、口臭の原因になります。

歯石にはたくさんの細菌が付着しており、中でも硫化水素やメチルメルカプタンは口臭の原因となる毒素を発生させます。

この毒素は、玉ねぎや卵の腐ったような嫌な悪臭のもとです。

また、歯茎からの出血や炎症による膿みも口臭の原因です。

歯石を取ることで歯茎の炎症を防ぎ、出血したり膿が溜まったりすることもないので、口臭改善につながります。

口臭は自分では気づきにくいものです。

長年歯石取りをしていない方で口臭が気になる方は、一度歯石取りをしてみてはいかがでしょうか。

歯茎の腫れや出血の予防

歯石が付いたままになっていると、歯茎が炎症を起こし、腫れや出血の原因になります。

放置することで症状の悪化につながり、歯ブラシが歯茎に軽く触れるだけでも出血してしまいます。

歯石取りをすると、歯茎が引き締まり、腫れや出血しにくくなります。

歯石取りを恥ずかしいと思ってる方へ

「長年歯医者に通っていないので、口の中を見られるのが恥ずかしい」という方もいらっしゃると思います。

しかし、歯科医師の立場からすると、たとえ口の中がボロボロの状態であっても、特別な感情は抱くことはないので安心してください。

なぜなら、歯科医師は日々何十人も診療しているので、どんなお口の状態でも特別なことではありませんし日常のことなのです。

そもそも、歯科医院は口内が綺麗な状態の人ばかりではなく、状態が悪い人がたくさん訪れるところです。

歯石取りが恥ずかしいからといって、歯科医院の通院を躊躇しているのであれば心配ありませんよ。

放置していても治ることはなく悪化してしまうので、この機会に歯科医院の予約をとってみてはいかがでしょうか。

歯石取りのデメリットまとめ

  • 歯石取りのデメリットは、出血や知覚過敏、痛みが出る可能性があること
  • デメリットがあるものの、歯石を取ることで歯茎の状態が改善されるとだんだん収まる
  • 歯石取りのメリットは、虫歯や歯周病、口臭、歯茎からの出血を予防すること
  • 歯石を放置すると症状の悪化につながるので、定期的に歯科医院に通うのが大事
  • 歯科医師はどんなお口の方でも特別な感情を抱くことはないので、歯石取りが恥ずかしい方でも心配ない

歯石は、放置すればするほどどんどん硬くなり、取りづらくなってしまいます。

放置された歯石を取ろうとすると、痛みや出血を伴うことがあります。

歯石取りの痛みや出血が嫌な方は、歯石を放置せずに定期的に歯科医院で歯石取りを受けましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

PAGE TOP